fbpx

モノ言う株主は味方なのか? 私が彼らを「真の株主」と認めないワケ=山崎和邦

「売り抜けだけ」を目的するのは何か違う

筆者が中長期保有するのが本命であると述べてきたのは、モノ言う株主とは立場が違う。

モノ言う株主は、当該企業からの脱出(売り切ること)を目的として株価を上げるためにモノを言うのだ。

それも悪いことではない。株価を上げるということは株主価値を上げるということであり、株主全員の利益にもなる。

しかし、当該企業から脱出することだけを(売り切ることだけを)主目的として「モノを言う」のは、いかがなものであろう。筆者はそれを言う。

10数年前、村上世彰氏が盛んにテレビに出ていた頃、彼は「私はごっつ儲けましたよ。儲けることは悪いことですか?」と挑戦的だった。

筆者は「儲けることは悪いことではない。良いことだ。しかしそのやり方が悪いことに属する」と即座に心の中で回答を用意して聴いていたことを今でも思い出す――

続きはご購読ください。初月無料です<残約21,400文字>


※本記事は有料メルマガ『山崎和邦 週報 「投機の流儀 (罫線・資料付)」*相場を読み解く』2018年7月1日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】日本円での貯金はもはや自殺行為。必ず来るインフレが「老人の国」日本を殺す=鈴木傾城

【関連】「資産は貯金だけ」がいちばん悲惨。日銀「緩和の副作用」で国民はますます貧乏に=斎藤満

【関連】日本の地価崩壊はもう始まっている。東京五輪が「経済災害」になる日

1 2 3

山崎和邦 週報「投機の流儀(罫線・資料付)」』(2018年7月1日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

山崎和邦 週報 「投機の流儀 (罫線・資料付)」

[月額3,000円(税込) 毎週日曜日(年末年始を除く)]
大人気メルマガ『山崎和邦 週報「投機の流儀」』のHTMLデラックス版をお届けします。テキストメルマガではできなかったチャートや図解を用いた解説も掲載。より読みやすく、理解しやすく進化しました。投資歴55年を超える現役投資家だからこそ言える経験に裏打ちされた言葉は投資のヒントが盛りだくさん。ぜひご購読ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー