fbpx

中国のエジソン!? 農家の男性が開発した「カニ型ロボット」が面白いと話題

こちらの動画では、人が乗れるロボットが収められている。

このロボットを生み出したのが、研究者などではなく普通の農家の男性というから驚きだ。

真っ赤で巨大なカニを模したロボット。100kgまでなら人を乗せて動くことが可能だ。

カニの姿だが横ではなく前に進むよう。

その場で180度旋回し方向転換することも可能。

この『ガシャン!ガシャン!』という音が古風でまた良い。ちょっと『ハウルの動く城』のような雰囲気を出している。

デザインはダサ…個性的だが、これはちょっと乗ってみたい!

(※↓詳しくはコチラへ)
参照・画像出典:YouTube(latest News), YouTube(New York Post)
(本記事は上記の報道や情報を参考に執筆しています)

記事提供:ViRATES

メルマガ『WEEKLY ViRATES』
スマホ時代の週刊誌「ViRATES」の人気記事をまとめて週一回配信中!「ViRATES」の公式メルマガ
<<登録はこちら>>

【関連】不穏な時代でも「3つの金言」を守っていれば資本主義の勝ち組になれる=鈴木傾城

【関連】株高・収益増でも給料は上がらない…。日本人がこの不条理から抜け出す方法は?=斎藤満

【関連】日米株価のピークは過ぎた? 米長期金利の上昇、米中覇権争いの激化が招く大調整=藤井まり子

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー