fbpx

来るべき下落相場のために! 知っておきたい「逆業績相場」とは?=栫井駿介

株式市場は大幅な下落が続いています。しかし、お金の流れについてきちんとした知識を持っていれば、何も焦ることはありません。大まかな流れは同じことの繰り返しです。(『バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』栫井駿介)

【関連】日経平均、27年ぶり高値圏へ。今こそ身につけたい「誰でもバフェット投資術」=栫井駿介

株価急落の今こそ学ぶべき「金融相場」と「業績相場」

「金融相場」と「業績相場」が、アベノミクス相場をけん引した

今回の下落要因について様々な憶測が流れますが、大きなものは明快です。それは「米長期金利の上昇」「米中貿易戦争による景気減速懸念」です。

株価の決定要因は、大まかに以下の数式に当てはめられます。

株価=業績÷金利

企業業績が向上すると、株価は上昇します。これは感覚的にわかりやすいでしょう。さらに、金利が低下すると、市場に多くのお金が流れるため株価の上昇要因となります。(実際はもっと複雑ですが、動きを覚えていれば良いでしょう)。

業績向上による株価上昇を「業績相場」、金利低下による株価上昇を「金融相場」と言います。その反対を「逆業績相場」「逆金融相場」と呼びます。これらは以下のような流れで繰り返します。

金融相場→業績相場→逆金融相場→逆業績相場→金融相場→・・・

リーマン・ショック後のFRBのゼロ金利政策やアベノミクスによるマイナス金利は「金融相場」を生み出しました。その後、企業業績が回復し、今年に入るまで「業績相場」が続いています

画像1

しかし、FRBが金利を引き上げたことで、そろそろ「逆金融相場」の様相を呈しつつあります。さらに、米中貿易戦争の深刻化が企業業績へ与える影響も懸念され始めました。まだ好調な業績が続いているため踏みとどまっていますが、実際に数字に現れ始めると「逆業績相場」がやってくるでしょう。

もっとも、貿易戦争の影響が出て本格的な逆業績相場がやってくるのは数ヶ月~1年以上先の話になるでしょう。それまではもみ合いを繰り返す可能性があります。

Next: これから来る「逆業績相場」にどんな準備をしておくべき?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい