fbpx

来るべき下落相場のために! 知っておきたい「逆業績相場」とは?=栫井駿介

逆業績相場に向け、景気悪化をものともしない成長株を探せ

業績が悪化することを考えると、割高・割安の判断基準であるPERも作用しなくなります。PERの分母が小さくなり、株価が下がってもPERはなお高いという状況が起こります。したがって、景気によって業績がブレる企業(循環銘柄)への投資判断は難しくなります。

ここでは、バフェットが「いつでも越えられる30センチのハードルを探す」と言うように、難しい投資を行う必要はありません。私たちは、どこで下げ止まるかわからない循環株への投資タイミングを見極めるのではなく、景気が悪化しても伸び続けられる成長株を探せばいいのです。

もちろん、相場の状況が悪ければ、成長株でも一時的には値下がりします。これは避けて通れません。逆に言えば、長期投資家は一時的な下落を受け入れられるからこそ、長い目で見ればそれ相応の報いを得られるのです。(これを「リスクプレミアム」と言います。)

これまでの相場では、成長株には20~30倍以上の高いPERが付いていました。これではバリュー株投資家としてはなかなか投資できません

株価が下がってくると、成長株でもPERが10倍、あるいはそれ以下の水準になることがあります。リーマン・ショックからアベノミクス開始前まではそのような銘柄がゴロゴロしていました。10倍株はそのようなところから生まれてきたのです。

当時のような絶好の投資チャンスはそうそう訪れないかもしれません。それでも、成長株をそこそこ割安な価格で買っていれば、業績の向上がやがて株価に反映されてくるでしょう。私たちがすべきことは、これからの成長株を探し当て、安いと思ったら買い、あとは放っておくだけです。

下落したとは言え、個別の銘柄を見るとまだそこまで割安な水準には達していないように感じます。短期的にはリバウンドするかもしれませんが、私たちが狙うのはその小さな利益ではありません。数年単位の大きな動きに賭けたほうが、より確率が高く、より大きな利益を得られると考えます。

今はまだ勝負どころではありません。来るべき時に備えて、資金は潤沢に備えておきましょう。


つばめ投資顧問では、株式投資による資産増加にとことん付き合うプロジェクト「スノーボール計画」を実施しています。ゆっくり幸せなお金持ちになる!「スノーボール計画」にあなたも参加しませんか?

※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

【関連】バフェットは投資先のどこを見る? 潰れる会社の見分け方と避けるべき2つの業種=栫井駿介

【関連】日経平均、27年ぶり高値圏へ。今こそ身につけたい「誰でもバフェット投資術」=栫井駿介

【関連】ニトリにとどめを刺された「大塚家具」、久美子社長が犯した2つの戦略ミスとは=栫井駿介

【関連】日本人のビール離れが止まらない。大手4社の「生き残り」対策に明暗=栫井駿介

1 2

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』(2018年10月31日号)より
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問

[無料 ほぼ 平日刊]
【毎日少し賢くなる投資情報】長期投資の王道であるバリュー株投資家の視点から、ニュースの解説や銘柄分析、投資情報を発信します。<筆者紹介>栫井駿介(かこいしゅんすけ)。東京大学経済学部卒業、海外MBA修了。大手証券会社に勤務した後、つばめ投資顧問を設立。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい