fbpx

プーチンがいま考えていること。ロシアが米国を倒す5つのステップ

第4段階:プーチンは中東の覇権を握る

アメリカに捨てられて困っているサウジアラビアとイスラエル(=ユダヤ教)。もとから親ロシアのイラン、シリア(アサド政権)。

プーチンは、イスラム教シーア派、スンニ派、ユダヤ教を和解させ、「中東の覇権」を握ります(握りたいです)。

第5段階:「ペトロダラーシステム」と「ドル崩壊」

アメリカは、世界一の財政赤字国、貿易赤字国、対外債務国。それでも、いままで破産していない。

その理由は、ドルが「基軸通貨」(=世界通貨、国際通貨)だからです。

第2次大戦以降、ドルと金(ゴールド)はリンクしていた。ところが、それでドルがどんどんアメリカから流出して困った。そこでニクソンは1971年、「ドルと金(ゴールド)の交換をやめる!」と宣言します。(=ニクソンショック)

これで、ドルは「ただの紙切れ」になった。しかし、今にいたるまで「ドル=基軸通貨」の地位を維持しています。なぜでしょうか?

その大きな理由が「ペトロダラーシステム」。つまり「原油はドルでしか売らない」しくみ。ニクソンは、

  1. アメリカはサウジアラビアを守る
  2. サウジ王家を守る

ことを条件に、「石油販売はすべてドルで行う」ことを約束させました(1974年)。OPEC諸国もサウジに従い、「石油の売買はすべてドルで」が世界のスタンダードになった。この体制は1975年から2000年までつづきました。

ところが2000年9月、イラクのフセインが「イラク原油の決済通貨をドルからユーロにかえる!」と宣言。同年11月、実際にかえてしまった。

彼はそれでどうなったか?皆さんご存知ですね(イラク戦争の公式理由=「大量破壊兵器」「アルカイダつながり」はどちらもウソだったことが明らかになっている)。これをきっかけに「ドル離れ」のトレンドが形成されていきました。

その後起こったこと。

  • ユーロの流通量がどんどん増え、06年ドルを超えた
  • イランが原油の決済通貨をドル以外の通貨にかえた
  • 中東産油国が「湾岸共通通貨」の導入を検討しはじめた
  • 原油高で潤っていた時代のプーチンは、「ルーブルを世界通貨にする!」と宣言していた

これらが、「100年に1度の大不況」の大きな“裏”要因だったのです。この話、新しい読者さんには、「トンデモ系」と思えるかもしれません。しかし、証拠は山ほどあります。もっと詳しく知りたい方は、「完全無料」のこの情報をゲットしてください。
(※世界一わかりやすいアメリカ没落の真実【北野幸伯著】

というわけで、

  1. イスラム国を掃討する
  2. 反米親ロ・アサド政権を盤石にする
  3. アメリカに捨てられたサウジと、イランを和解させる
  4. イスラム諸国とイスラエルを和解させる

そして、

  1. ロシアが中東の覇権を握る

その後はどうするか?

アメリカに捨てられたサウジアラビアを説得し、「原油の決済通貨をドル以外にさせる」これで、アメリカの覇権は終わりです。

もちろん、既述のように、これは私の想像にすぎません。しかし、「ロシアに25年住み、プーチンを観察してきた男(=私)の想像」なので、全然「ありえない」というわけでもありません。

さらに、仮にプーチンがそう考えていても、「相手がいる」話ですから、うまくいくかもわからない。ロシアも、「制裁」「原油安」「ルーブル安」で相当苦しいですから。

いずれにしても、「シリア」「ウクライナ」「東、東南アジア」どこを見ても、「戦国時代」です。

【関連】イスラム国と裏で繋がるトルコ・エルドアン大統領の「B層」扇動術

【関連】TPP強者の論理。安倍政権の秘密交渉で「食われる側」に立った日本

【関連】ウソだったTPPの経済効果。安倍政権の狙いは「環太平洋の軍国化」だ

【関連】野球賭博で急展開。なんJ民が掘り起こす「危険すぎるタブー」の中身

1 2

ロシア政治経済ジャーナル』(2015年10月9日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

ロシア政治経済ジャーナル

[無料 不定期]日本のエリートがこっそり読んでいる秘伝のメルマガ。驚愕の予測的中率に、問合わせが殺到中。わけのわからない世界情勢を、世界一わかりやすく解説しています。まぐまぐ殿堂入り!まぐまぐ大賞2005年・2008年ニュース・情報源部門一位の実力!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい