fbpx

韓国パククネ氏、米韓首脳会談で「何の成果も!得られませんでした!」

米国の狙いは?米韓首脳会談前に異例の記者会見

この異例の記者会見は明らかに、朴槿恵大統領による、日本を貶める「告げ口外交」を抑えるために開かれたと言える。

アメリカ政府の3人の高官は、16日に開かれるオバマ大統領と韓国のパク・クネ(朴槿恵)大統領の首脳会談を前に、そろって異例の記者会見を行い、韓国側に対し日本との関係改善に取り組むよう促す考えを示しました。

アメリカのオバマ大統領は16日、ワシントンを訪れている韓国のパク・クネ大統領とホワイトハウスで首脳会談を開きます。これを前に、ホワイトハウス国家安全保障会議のクリテンブリンク・アジア上級部長とラッセル国務次官補、それに韓国駐在のリパート大使は14日、ワシントンで高官3人そろっての異例の記者会見を行いました。

この中でクリテンブリンク上級部長は、長距離弾道ミサイルの発射の可能性を示唆する北朝鮮への対応が主な議題になるとして韓国と連携していく姿勢を強調しました。また、ラッセル次官補は、今月末から来月初めをめどに首脳会議の開催を調整している日本、韓国、中国の3か国との関係についても話し合われるとしたうえで「特に重要なのは日本との関係だ。日韓の協力はアメリカにとって戦略的な優先事項だ」と述べ、韓国側に対し日本との関係改善に取り組むよう促す考えを示しました。

出典:米高官3人異例の会見 韓国に対日関係改善促す – NHKニュース

韓国が条件なしで日韓首脳会談に応じれば良いだけのことだが、どうせ、慰安婦ガーというに決まっているので放置しておけば良い。ともかく結果的に、この記者会見によって朴槿恵大統領はオバマ大統領に対し「告げ口外交」をできなくなった

だとすれば、朴槿恵大統領が訪米する理由は北朝鮮関連での連携ぐらいとなる。このような話題は、わざわざ米韓首脳会談で出さなくても事務次官会議でも十分な案件だろう。この記者会見が行われた後、いよいよ米韓首脳会談となったのである。

Next: 米韓首脳会談、オバマに対する朴槿恵の「無言」は何を意味する?

1 2 3

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

[月額313円(税込) 毎月第1日曜日・第2日曜日・第3日曜日・第4日曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
数年ごとに起きるデフォルト危機。世界経済が後退すれば、投資家が真っ先に資金を引き揚げていく新興国市場。輸出依存が96%という恐ろしい経済構造。ヘッジファンドに玩具にされる韓国市場。中国の属国化へと突き進む2014年。並行してスタグフに悩まされる現実。そして、1100兆ウォンを超え、雪だるま式に膨らむ家計債務の恐るべき実態。経済の問題点とは何なのか?なぜ、また、第四次経済危機が迫っているといえるのか。それは読めばわかる!投資、ビジネス、教養、雑談ネタにも最適な、最も韓国経済の実情を知ることが出来るメルマガ。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー