fbpx

ファーウェイ逮捕報道で日経平均は大幅に3日続落、一時600円超安も(12/6)=証券市場新聞

今日の東京市場は、中国通信機器大手ファーウェイの孟晩舟CFOをバンクーバーで逮捕したと報じられたことでハイテク売りから値を崩す動きで、後場は一時下げ幅が600円を超えた。(証券市場新聞 公式有料メールマガジン』)

6日の東京市場(大引け)3日続落、日経平均は前日比417円71銭安

ファーウェイ逮捕報道が招いたハイテク売り

6日大引けの東京市場は3日続落、日経平均は前日比417円71銭安の2万1,501円62銭で引けた。

カナダ司法省が中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・最高財務責任者(CFO)をバンクーバーで逮捕したと報じられたことでハイテク売りから値を崩す動きで、後場は一時下げ幅が600円を超えた。

181206nikkei225_d

個別ではオプトラン、鎌倉新書、ヒトコム、アトラ、オプトは値下がり率上位に売られ、任天堂や武田薬品も安い。半面、DIT、中広、ワタベ、一工薬、SHOEI、ナイガイは値上がり率上位に買われた。

この日はファーウェイ孟晩舟CFO逮捕報道が衝撃となり、後場には2万1300円トビ台まで急落した。米国は次世代通信規格の5G関連機器に関して、ファーウェイ製を使用しないようにと各国に通達していたことから、今回の逮捕劇も想定された内容。

同じ中国通信大手では「ZTE(中興通訊)」が米国製品をイランと北朝鮮に不適切に輸出した問題で制裁され、巨額損失から死に体となった経緯がある。

今回もそれが連想された形だが、これを先物からの売り仕掛けに利用された印象が強い。今晩のニューヨーク市場は安寄りの可能性が強いが、売り一巡後に落ち着くか注視したい。

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】ついに始まった米債の長短金利逆転~AI・アルゴ台頭で相場暴落は予想より早い?=今市太郎

【関連】無茶なM&Aで太り過ぎたライザップ、赤字70億円からどう結果にコミットするのか?

【関連】日本では報道されないフランス暴動デモの凄まじさ、民衆は増税に怒っている=児島康孝

image by:ArliftAtoz2205 / Shutterstock.com

※本記事は有料メルマガ『証券市場新聞 公式有料メールマガジン』2018年12月6日の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

証券市場新聞 公式有料メールマガジン』(2018年12月6日)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

証券市場新聞 公式有料メールマガジン

[月額3,780円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)今月5/20回(最終2017/04/12)]
タブレッドやスマホで購読できる証券専門紙「証券市場新聞」を発行しております。平日の毎日、新聞では紹介できない特別な情報をメールマガジンで配信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい