fbpx

米中協議の進展からNYダウが157ドル高、日経は2日連続高

本日の東京マーケットは、昨晩のNYダウ157ドル高を受けて朝方から買いが先行。日経平均株価は2日連続高となり、213円(0.99%)高の2万1,816円で取引終了です。(『ハロー!株式』)

「事始め」のきょう、日経平均は前日比213円高の2万1,816円

相場概況

本日の東京マーケットは、日経平均株価が昨日の454円高に続いて連日で上昇、213円(0.99%)高の2万1,816円で取引終了です。

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

貿易摩擦を巡る米中協議が進展しているとの見方から昨晩のNYダウは157ドル高となり、東京市場も朝方から買いが先行。その後も円相場が1ドル=113.50円前後の円安水準で落ち着いた値動きとなっていること、また香港・上海・韓国・台湾・インドなどアジア主要市場が上昇していることも横目に買いを誘い、引けにかけて上げ幅を広げています。売買代金は2兆3,993億円、上海総合指数は31ポイント(1.2%)高の2,634です。
NYダウ 日足(SBI証券提供)

NYダウ 日足(SBI証券提供)

業種別では、鉄鋼、海運、建設、非鉄、繊維、医薬品などの上げが目立ち、一方で電力ガス、水産、ゴム、情報通信が下げています。

個別銘柄では、武田薬品が262円高の3,980円と大幅高。アイルランド製薬大手シャイアーの買収計画が報じられてから株価は大きく下押しして12日には3,662円の年初来安値を付けましたが、目先の底入れ感から先高期待の買いが入っています。

板金や成形、機械加工を核にした試作・金型を主とする菊池製作が36円高の924円と値を飛ばしています。19年4月期の連結最終損益が約8億円の黒字になると発表。前期の約1億の赤字から黒字転換となり、好感した買いが入っています。

21日に東証マザーズに上場予定の自律制御システム研究所株の一部を売り出すことで特別利益を約10億円計上することも支援材料となっています。

富士ソフト子会社で通信分野を中心としたソフトウェア開発のサイバーコムが215円高の2014円、産業・医療療用の計量計測機器メーカーのエー・アンド・デイが83円高の819円、首都圏地盤に食品スーパーや大型ホームセンターを展開するOlympicが71円高の844円、ソフトウェア開発のデジタル・インフォメーション・テクノロジーが141円高の1,762円と大幅高。

造船準大手で傘下に函館どつくを有し、14年秋には佐世保重工業を完全子会社化した名村造船が41円高の502円と値を飛ばしています。

本日の新高値銘柄は、アルテリア、前田工繊、ゴールドウイン、北海道電…等々です。

Next: 今日の相場まとめ/経済指標の結果:オフィス空室率

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー