fbpx

好調が続く日本市場。だからこそ、次の急落に備えてしておくべきこととは=相川伸夫

現在、日本市場は堅調に推移しています。しかし、次の急落がまたいつ起こるとも限りません。そのときに備えておくべきことを改めてしっかり確認しましょう。(『億の近道』相川伸夫)

プロフィール:相川伸夫(あいかわ のぶお)
現役の「サラリーマン」兼「投資家」。自ら「情熱投資家」を名乗る。大手技術系企業に勤務する傍ら、積極的に企業にアプローチして内容を吟味したうえで投資をすることを旨としており、その行動力と分析力はプロも舌を巻く。

急落でダメージの大きい信用買いの使い方に注意

日経平均のPBR1倍は押し目という結果に

去年の12月は多くの方が痛手を負ったことと思います。中にはあえなく退場してしまった方もいるでしょう。現在株式市場は堅調に推移しており、日経平均だけではなく売られ過ぎた個別銘柄にもリバウンドの動きがみられます。

2016年のチャイナショック、ブレグジットに続き、またもや日経平均のPBR1倍は押し目という結果になりました。

投げが投げを生むパニックの際には、どれだけ優良な企業であろうが売られるということが改めて痛感できた相場体験でしたね。そして、嵐が過ぎると落ち着きを取り戻した投資家が優良な企業の株を『安い!』と言って買い上げる。

できることなら…
1、相場がパニックになる前にキャッシュポジションを30%以上用意する
2、あからさまに相場がクラッシュしたタイミングにはキャッシュの15%買いを入れる(クラッシュの中身は要検分)
3、戻ったタイミングでは追加分は早めに売却

このような行動が取れるとバッチリですよね!

しかし、多くの方がこの逆をやった結果が相場のクラッシュです。一体どうしたらよかったのでしょうか?

まず一番に、今回最も手痛いダメージを食らったのは『信用買い』でレバレッジをかけていた方なのは間違いありません。

ほとんどすべての企業の株価が下がったので、維持率がみる間に低下⇒追証、もしくは追証間近になってしまった。

その方々は株価の下落を耐える、もしくはそこで買い増すなんて選択肢はまずありません。投げ売りと分かってもそうせざるを得ないのです。

これは機関投資家や投資信託の運用会社の解約売りも同様で、そうせざるを得ません。

動物が大地震の前のわずかな予兆で避難行動を始めるがごとく、投資家としても大地震の前に避難行動が出来たらベストなのですが、それができたら誰も苦労しません(笑)。とはいえ、『相場急落に備える』ことは誰でもできます!

Next: 次の急落に備えて、今から準備しておくべきことは?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー