fbpx

独航空会社ゲルマニアが2月5日に破綻。EUの優等生だったドイツ経済悪化の原因とは=児島康孝

ベルリンを拠点とする独航空会社ゲルマニアが、2月5日に経営破たんしました。やはりドイツ経済は、中国の経済減速がじわじわ効いているようです。(『ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!』児島康孝)

有料メルマガ『「ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!」連動メルマガ』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

独ゲルマニア航空が破たん、中国経済悪化の影響じわり

ドイツ経済のこれまでの好調は中国経済の影響だった

AFP通信によりますと、ドイツの首都ベルリンを拠点とする航空会社ゲルマニアは、5日午前破産申請を行い、すべてのフライトを即時欠航としたと発表した。(AFP)

やはりドイツ経済は、中国経済の減速の影響がじわじわと効いているようです。

最近、ドイツの経済成長率やインフレ率の見通しは下方修正されており、これまでの中国との蜜月ぶりが、逆に作用しているようです。

ゲルマニアは前身の航空会社から、1986年に「ゲルマニア」の名称となり、ヨーロッパ各国や北アフリカに就航していました。

30年以上の会社ですから、それなりに存在感はありそうです。

ドイツ経済に異変が起きている

ドイツと言えば、これまでEUの「優等生」で、ギリシャやイタリアなどに引き締め型の経済政策を要求する立場でした。

そのドイツは実は、中国経済に大きく依存していたということです。

中国の経済減速が大きく影響し始めており、ドイツ経済の従来の好調さは中国経済の影響であった、ということになります。

中国経済という外需が落ちた場合、EUの内需が良いかどうか、すなわち、各国の人たちの収入がアップして、内需が回復しているかどうかがポイントとなります。

内需が良ければ、外需の不振はある程度カバーされるからです。

しかし、イタリアで政権交代が起きたことやフランスでの「黄色いベスト」運動をみますと、ヨーロッパの国民生活は、あまり改善していなかったのでしょう。

国民の収入アップがはかられていないという点では日本とも似ている側面ですが、こうしてドイツは、中国経済の減速の影響をこれからまともに受けることになるでしょう。

そうなると、ECB欧州中央銀行の金融政策も、難しい舵取りを迫られることになります。

有料メルマガ好評配信中!初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 2月配信済みバックナンバー>

※2019年2月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2019年2月配信分
  • 【特別ご招待】3時間で毎月安定的に稼げるようになります。(保証付)(2/7)
  • 【NY1】独ゲルマニア航空が破たん、中国経済の影響じわり(2/6)
  • 【NY1】スーパーボウルのジンクスは生きるのか?(2/5)
  • 【NY1】ベネズエラは中国の「属国化」が進んでいた(2/4)
  • 【NY1】大規模リストラ後の「実質賃金」が、無意味な理由(2/1)

いますぐ初月無料購読!

image by:aapsky / Shutterstock.com


有料メルマガ『「ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!」連動メルマガ』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込324円)。

2019年1月配信分
  • FRB「利上げ休止」に、マーケットは典型的な反応(1/31)
  • 欧州・日本で、中国の景気減速の影響拡大か(1/27)
  • 乱高下するNYダウ。再び2万4000ドル超に(1/25)
  • アメリカの富裕層が、慈善団体を設立し、巨額の寄付をするわけ(1/20)
  • ロシア機の墜落は、大きな背景はないようだ(1/18)
  • メイ首相の不信任案は、否決(1/17)
  • メイ首相のEU離脱協定案、432対202の大差で否決(1/16)
  • 英国よる7時(日本時間16日午前4時)に採決予定(1/15)
  • JOC竹田会長に、フランス当局が贈賄容疑(1/11)
  • 少し気になる「アメリカ国務省が中国渡航情報を更新」(1/6)
  • NYダウ、660ドル安。2019年は、円高・株安の年に(1/4)

2019年1月のバックナンバーを購入する

2018年12月配信分
  • NYダウは、激しい乱高下。最後の「踏み上げ」があるパターンも(12/28)
  • 【緊急市況】NYダウ1000ドル超の暴騰、日経平均先物2万円に(12/27)
  • 【緊急市況】日経平均が暴落、前場1000円超の下落(12/25)
  • 【緊急市況】クリスマス大暴落で、日経平均先物1000円近い下げ(12/25)
  • FRBボルカー議長(当時)辞任は、なぜ起きた?高金利と経済の関係(12/21)
  • 【速報】NYダウ、「フラッシュクラッシュ」の下側に入る(12/18)
  • ブンデスバンクショック走る!欧州市場が全面安(12/14)
  • (速報)メイ首相、信任される(12/13)
  • (速報)日本時間3時からメイ首相の信任投票(12/13)
  • 【速報】マクロン大統領、最低賃金100ユーロ上乗せなど発表(12/11)
  • 【速報】メイ首相、11日夜の下院「ブレグジット投票」延期(12/11)
  • ファーウェイ(HUAWEI・華為技術)ショックが市場を席捲(12/7)
  • (緊急速報)中国の通信機器大手ファーウェイCFO、米国の要請でカナダ当局が逮捕(WSJ報道)(12/6)

2018年12月のバックナンバーを購入する

2018年11月配信分
  • 円高・株安に中期見通しを変更(11/30)
  • (号外)ドイツ銀行に家宅捜索。株価は「破たんレベル」(11/29)
  • パリが「炎上」。マクロン大統領への抗議デモが大規模化(11/25)
  • 中期の景気サイクル「終わりの始まり」(11/23)
  • 日産ゴーン会長逮捕、これは「クーデター」か(11/20)
  • ブレグジットで英国大混乱、メイ政権はどうなる?(11/16)
  • 【速報3】ブレグジット閣議了承、英議会は不透明(11/15)
  • 【速報2】ポンド乱高下、記者会見中止などで混乱(11/15)
  • 【速報】英国ブレグジットで、日本時間23時にメイ内閣が閣議(11/14)
  • 【NY1】アメリカ中間選挙で、トランプ大統領の自由度に制約(11/9)
  • 共和党は、上院過半数維持も、下院は厳しい結果に(11/8)
  • NYハドソン川で、サウジ姉妹の遺体みつかる、心中か(11/3)
  • サウジ事件は波及する?ソフトバンクの巨額「ビジョン・ファンド」強みと弱み(11/2)

2018年11月のバックナンバーを購入する

2018年10月配信分
  • 【速報】アメリカ・ピッツバーグで、ユダヤ教徒など11人射殺される(10/28)
  • カショギ氏の遺族、サウジ出国し、アメリカへ。不透明感がマーケットに暗い影(10/26)
  • やはり、キーマン動く。サウジ皇太子とムニューシン財務長官が会談(10/23)
  • (号外)サウジ、カショギ氏の死亡確認。18人拘束、高官解任(10/20)
  • カショギ氏事件に、ユダヤ人脈が反応(10/19)
  • ポンペオ国務長官がリヤドに到着。流動的な情勢続く(10/16)
  • NYダウ、下げ止まりの様子。警戒するのは、FRB利下げ(10/12)
  • (号外)IMF世界経済見通し、きょう日本時間午前10時に発表予定(10/9)
  • IMF、世界経済見通しを下方修正か(10/5)

2018年10月のバックナンバーを購入する

2018年9月配信分
  • 日米貿易協議は、無難に着地も、トランプ大統領に微妙な変化(9/28)
  • 安倍首相の総裁3選、NYダウ26000ドルが示すもの(9/21)
  • 不穏な動き続く、シリア情勢(9/14)
  • やはり、日本のデフレは、災害か戦争で終わるのか?(9/7)

2018年9月のバックナンバーを購入する

p class=”common_related_article”>【関連】強固な反日は2022年まで続く…独善主義でルール無視、韓国「硬直化経済」に大きな落し穴=勝又壽良

【関連】不安を煽ったのは誰?「2020年景気後退」「2019年バブル崩壊」説は大きく後退へ=藤井まり子

【関連】世界はもう日本を信じない。役人のせいにできない安倍首相「嘘データ」での成果アピール=今市太郎

ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!』(2019年2月6日号)より抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!

[無料 日刊]
FRB緊急利下げへ」「日銀マイナス金利」をヒットさせた腕を生かし、海外投機筋、米・欧・日の中央銀行の最新情報をメルマガで!まぐまぐ殿堂入り、MONEY VOICE掲載メルマガ。為替FX・株式・資産運用のヒントに、一味違うメルマガ情報。※号外広告あり

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい