fbpx

日経平均が大底をつけた昨年12月25日は60台。騰落レシオは「うそ」をつかない=武田甲州

東証1部市場の値上がり銘柄数、値下がり銘柄数を数値化した「騰落レシオ」という指標をご存知でしょうか?今回はその指標の有用性について解説します。(『証券アナリスト武田甲州の株式講座プライム』)

※有料メルマガ『週刊 証券アナリスト武田甲州の株式講座プレミアム』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

先週の調整も、騰落レシオで事前にわかった?

80を割り込めば買い、120を超えれば売りの目安に

騰落レシオは通常、東証1部市場を対象に値上がり銘柄数、値下がり銘柄数をそれぞれ25日分合計、その対比を算出したものです。

80を割り込めば買い、120を超えれば売りといわれています。100%当たるわけではありませんが、過去を振り返ってみると結構当たっているかも、と思うところがあります。

たとえば最近では、2月4~6日に日経平均は何度もザラバで2万900円を超え、2万1,000円台乗せもあるだろうと思われました。

騰落レシオをみると

2月1日 105.19
2月4日 119.80
2月5日 133.06
2月6日 124.23
2月7日 109.70

2月5日の騰落レシオ133.06は18年9月30日以来の130台でしたが、18年の年間最高値(終値ベース)はその2日後の10月2日の2万4,270.62円。

では、騰落レシオの低い時はどうかというと、18年12月25日には65.64まで低下しました。

騰落レシオの60台は年間に数回あるかどうかという水準ですが、やはりこの12月25日の万1,9155.74円を底にして上昇に転じました。

株式市場の上昇・下降の背景はその都度異なりますが、騰落レシオはあまり「うそ」をつかないように思います。
続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 2月配信済みバックナンバー>

※2019年2月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2019年2月配信分
  • 「株価が安すぎる」(2/11)
  • 米国FRB「自動操縦」の終わり(2/4)

いますぐ初月無料購読!

image by: e-leet / Shutterstock.com


※有料メルマガ『週刊 証券アナリスト武田甲州の株式講座プレミアム』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込540円)。

2019年1月配信分
  • デジタル通貨(1/28)
  • 無人トレード1800兆円(1/21)
  • マネーの逆流(1/14)
  • 米国利上げ停止へ(1/7)

2019年1月のバックナンバーを購入する

2018年12月配信分
  • 2019年への期待(12/31)
  • 格言の生きるとき(12/24)
  • FRB 2015年以来の政策転換接近(12/17)
  • 「スカイツリー株」の一本釣り(12/10)
  • 小型成長株は上昇再スタートか(12/3)

2018年12月のバックナンバーを購入する

2018年11月配信分
  • 隠れた高パフォーマンス期待株(11/26)
  • 原油急落で米金利上昇ストップ?(11/19)
  • 適温相場復活か?(11/12)
  • アノマリー(11/5)

2018年11月のバックナンバーを購入する

2018年10月配信分
  • 人手不足(10/29)
  • ドル円為替は再び円安へ(10/22)
  • 株安(10/15)
  • アマゾン賃上げで円安(10/8)
  • 「プラットフォーマー」(10/1)

2018年10月のバックナンバーを購入する

2018年9月配信分
  • まだ割安の日本株(9/24)
  • 勝利を引き寄せた「我慢」(9/17)
  • リーマンショック10年(9/10)
  • 下がらない「リスクプレミアム」(9/3)

2018年9月のバックナンバーを購入する

2018年8月配信分
  • 浮上するか 交代シナリオ(8/27)
  • 米中貿易戦争は早期終結か?(8/20)
  • 非公開化を目指すテスラ(8/13)
  • 日銀微修正(8/6)

2018年8月のバックナンバーを購入する

2018年7月配信分
・米国の収支改善(7/30)
・小型株復活へ(7/23)
・急伸する株価(7/16)
・フラット化が進む米国金利(7/9)
・要注目!トランプの「Vターン」(7/2)
2018年7月のバックナンバーを購入する

2018年6月配信分
・「ユニコーン」(6/25)
・押し寄せるフィンテック(6/16)
・トランプの黒魔術(6/11)
・日銀出口への意識(6/4)
2018年6月のバックナンバーを購入する

2018年5月配信分
・広がる投資家のすそ野(5/28)
・原油高(5/21)
・シェアビジネスで衰退?(5/14)
・武田「円安」?(5/7)
2018年5月のバックナンバーを購入する

2018年4月配信分
・平和の配当(4/30)
・人が捨てた「運」を拾う(4/23)
・米国利上げの限界(4/16)
・米中貿易戦争(4/9)
・緊張緩和(4/2)
2018年4月のバックナンバーを購入する

2018年3月配信分
・貿易戦争(3/26)
・いつのまにか正常化するマーケット(3/19)
・彼岸底(3/12)
・いまこそバフェット氏的投資(3/5)
2018年3月のバックナンバーを購入する

2018年2月配信分
・米金利上昇でも円高はなぜか?(2/26)
・物価上昇=株安は間違い(2/19)
・米国株安(2/12)
・時価総額が大きくなる企業(2/5)
2018年2月のバックナンバーを購入する

2018年1月配信分
・企業の置き換え(1/31)
・やはり、日銀政策は徐々に変更される(1/22)
・18年も日銀「金融政策」は不変(1/15)
・日銀の政策変更?(1/8)
・低成長、低インフレ、金余り時代の資産形成(1/1)
2018年1月のバックナンバーを購入する

2017年12月配信分
・チューリップバブル(12/25)
・ビジネスモデル(12/18)
・18年は円安・株高(12/11)
・ガラパゴス税制(12/4)
2017年12月のバックナンバーを購入する

2017年11月配信分
・バックトゥザ4万円(11/27)
・キャッシュレス社会(11/20)
・株の話題が増えたのはいいこと(11/13)
・FRB次期議長にパウエル氏(11/6)
2017年11月のバックナンバーを購入する

【関連】見えてきたトランプ政権の崩壊シナリオ、米朝再会談の成果をどう演出するか?=江守哲

【関連】危なすぎるZOZOのブランドマネジメント、前澤社長の発言が最大の経営リスクに=今市太郎

【関連】「PayPay祭」第2弾は盛り上がらない?少額小分けで「100億円キャンペーン」は成功するか=岩田昭男

証券アナリスト武田甲州の株式講座プライム』(2019年2月10日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

週刊 証券アナリスト武田甲州の株式講座プレミアム

[月額540円(税込) 毎週月曜日]
証券アナリスト武田甲州が、経済やマーケットの先読み・裏読み情報を毎週月曜日に発行。2008年3月のセミナーでは米国で最大300兆円の公的資金投入を予想。2008年9月末時点で米国のゼロ金利、量的緩和政策実施を予測するなど大胆な未来予測情報もあります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい