fbpx

バフェットだって最初は初心者。誰でも資産家への一歩を踏み出せる5ステップとは?=栫井駿介

手放す必要のない優良銘柄を見つけ、1円でも安く買うこと。バイ&ホールドの長期投資で資産を増やすための王道を、どうやって実践するのかを解説します。今回は、つばめ投資顧問代表・証券アナリストとして活躍し、マネーボイスの人気著者でもある栫井駿介氏の連載『誰でもバフェット投資術 〜 バイ・アンド・ホールドで人生100年時代の資産を築く』第8回(最終回)をお届けします。

プロフィール:栫井駿介(かこいしゅんすけ)
株式投資アドバイザー、証券アナリスト。1986年、鹿児島県生まれ。県立鶴丸高校、東京大学経済学部卒業。大手証券会社にて投資銀行業務に従事した後、2016年に独立しつばめ投資顧問設立。2011年、証券アナリスト第2次レベル試験合格。2015年、大前研一氏が主宰するBOND-BBTプログラムにてMBA取得。

あとは実践あるのみ。5ステップのバリュー投資で資産を築く方法

投資家への第一歩をどう踏み出すか

ここまでの連載で、ウォーレン・バフェットが実践するバイ&ホールド投資の考え方について解説してきました。

しかし、これを読んだからといってすぐに成功できるわけではありません。資産を築くには自らリスクを取って投資を実践していかなければならないのです。

あなたが全くの投資の初心者であると想定しましょう。一体何から始めたら良いでしょうか。

【その1】元手を準備する

株式投資を始めるには、何よりもまず元手が必要です。どんな偉大な投資家であっても、最初はわずかな元手から始まりました。バフェットですら、新聞配達でせっせと稼いだお金が数兆円もの資産を築く最初のスタートになったのです。

現時点でお金持ちでない普通の人が元手を作るには、働いて稼いだお金をせっせと貯めなければなりません。私は収入の2割を投資資金として貯蓄することを推奨しています。ここで貯めたお金が、あなたが資産家になるための最初の一歩になるのです。

1単元の株式を買うだけなら数万円からですが、本格的に投資をしたいと思うなら最低100万円は用意しましょう。それすら準備できない人は諦めてください。元手も準備できない人に、長期投資で成功する素質はありません。

100万円を準備してそれで十分かと言うと、決してそうではありません。よっぽど才覚に恵まれない限り、100万円から増やせる金額はたかが知れています。まして1億円を目指すのは非現実的です。

最初の100万円を貯めてからも、元手の確保は続けましょう。常に資金流入があることは、後で説明する相場の流れに対処するという意味でも非常に重要となってきます。

【その2】年間の投資予算を設定する

元手が準備できたら、次に年間の投資予算を設定しましょう。

毎年100万円の貯蓄ができる人なら、100万円にすると良いでしょう。収入が続く限り、毎年100万円を投入し続けます。

逆に退職金などでまとまった資金がある人は、それを一度に投資してはいけません。5,000万円の資金があるとしたら、それを5年に分けて投資すると考え、年間の投資予算を1,000万円に設定します。

なぜ投資予算を設定するのでしょう。それは先の見えない相場に立ち向かって行く覚悟を決めるためです。

相場は結局のところどう動くか予測することは不可能ですから、「投資する」と決めなければ、ああでもないこうでもないと考えて、いつまでたっても踏み切ることはできません。しかし、一度決めてしまえば迷いはなくなります

ただし、予算はあくまで生活に影響の出ない範囲内で設定しなければなりません。株価の動きはコントロールできませんから、お金を引き出したい時に運悪く株価が下落していたら、無用な損切りをしなければならないからです。

逆に言えば、余裕資金で設定されていれば、その後の株価の細かな動きを気にする必要はありません。バイ&ホールドの投資では、資金は固定するものと考えてください。

予算を設定するのは、無謀な投資を避ける意味もあります。

野放図に買いたい銘柄を買い進めていくと、すぐに資金がなくなってしまいます。運悪くその時が株価の天井だったら、後はただ下がり続けるのを傍観するしかなくなってしまいます。

しかし、予算が有限であるとわかっていれば、急いで買い進めることは避けられるはずです。また、ある年が天井でも、翌年以降も資金が残っていればまたチャンスは巡ってきます。逆に、チャンスが来た時に資金が残っていないほど悲しいことはありません

Next: 最高の銘柄を見つけても焦りは禁物。1円でも安く買う方法とは?

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい