fbpx

日経平均は650円安、今年最大の下げ幅で2万1,000円割れ。世界景気の減速懸念で(3/25)

きょう25日の日経平均株価終値は3営業日ぶりに大幅反落、世界景気の減速懸念から海外投資家の売りが続き、前週末比650.23円安(-3%)の2万977.11円と今年最大の下げ幅を記録しました。

190325nikkei225_d

終値が2万1,000円を下回るのは2月15日以来と約1か月半ぶり。米ドル/円は110円割れと円高・ドル安が進行したことで輸出関連株が売られたほか、中国・上海株相場の下げも売り材料となっています。

【関連】土地神話は崩壊しているのに、なぜ日本人はマイホームの夢を抱えて死に急ぐのか=鈴木傾城

【関連】Tポイント消滅の序章か。アルペン「楽天ポイントへの乗り換え」がもたらす業界再編=岩田昭男

【関連】独身では生き抜けない国になった日本。「結婚しない」選択がもたらす悲惨な未来=山本昌義

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい