fbpx

池袋暴走事故で「上級国民」批判が爆発、日本社会の格差と理不尽さに庶民が怒りだした

池袋暴走事故に関して、事故を起こした加害者が元高級官僚であることから、その後の加害者に向けて「上級国民」という言葉が投げかけられています。

警視庁は証拠隠滅の恐れがないと判断、男性を逮捕せず任意で捜査を進めるとの報道を受け、ネット上では「上級国民だから逮捕されないのではないか?」という意見が飛び交っているようです。(『らぽーる・マガジン』)

※本記事は、『らぽーる・マガジン』 2019年4月22日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

逮捕されないどころか「さん」付け報道。これは上級国民の特権?

日本社会は「平等」か

上級国民」という表現があるようです。いまツイッターなどSNS上で話題となっている言葉ですが、ネットでその意味を調べてみますと、

「一般国民」と対をなす言葉として用いられている

…とあります。

日本国憲法第14条では、法の下の平等と貴族の禁止が規定されています。あらためて
条文を読んでみましょう。

日本国憲法第14条

すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

華族その他の貴族の制度は、これを認めない。

栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴わない。栄典の授与は、現にこれを有し、又は将来これを受ける者の一代に限り、その効力を有する。

あらためて読むと、「平等」という言葉が強烈に飛び込んできますが、現代社会においては「上流階級」とか「上位層」なんて言葉が日常に溶け込んでいるように思えます。

富裕層」とか「セレブ」となると、経済的優位な立場を表すものですが、それはそこに至るまでの「努力」というものも介在する場合があるので、一概に批判対象として用いられる「上級国民」の概念とは一致しないところもあります。

ただそこに至る過程において、何らかの特別な配慮優遇があるとしたら、それは地位や環境から得られる特権(そんなものがあるのかどうか)を利用したものとして、いま話題になっている「上級国民」に該当するのでしょう。

「格差」と「差別」は違う

差別の裏には「アンフェア」があり、社会はアンフェアの塊で、アンフェア社会を生き抜く知恵をつけることが大事ですが、法律や税制等に関してのあからさまなアンフェアは我慢ができない、そんな思いが「上級国民」という言葉には含まれているようです。

池袋で起こった87歳という高齢者の暴走運転による痛ましい事故に関して、事故を起こした加害者が、元高級官僚であることから、その後の加害者に向けて、この「上級国民」という言葉が投げかけられているようです。

警視庁は証拠隠滅の恐れがないと判断、男性を逮捕せず任意で捜査を進めるとの報道を受け、ネット上では「上級国民だから逮捕されないのではないか?」という意見が飛び交っているようです。

Next: 逮捕されないどころか「さん」付け報道。これは上級国民の特権なのか?

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい