fbpx

池袋暴走事故で「上級国民」批判が爆発、日本社会の格差と理不尽さに庶民が怒りだした

上級国民と一般市民に「分断」される社会

この「反エリート」思想が政治の世界で見られたのが、米大統領選挙「ヒラリー・クリントン氏 vs ドナルド・トランプ氏」です。

トランプ陣営は、ヒラリー・クリントン氏をエスタブリッシュメント(支配者層)の代表と位置付け、それまで「虐げられた」階層と公言する中間白人層の支持を得たとされています。

これ以降、政治はポピュリズムに走り、欧州では移民排斥運動に発展し、ポピュリズム政党の台頭が目立つようになりました。

「分断」。

これが新しいキーワードになっています。

上級国民批判の背景は「世代間の分断」

ヒエラルギーによる分断、都会と地方の分断など、様々な場面で見られますが、今回の池袋の自動車事故に関しては、若者層が声を上げて「上級国民」を非難しているようで、その背景には「世代間の分断」があるという指摘もあります。

社会保障において、今の若者が高齢者を支えているにも拘らず、職や生活面等で報われない若者達の目から見て、裕福な、あるいは高齢者だからと優遇されている現状が許せないのではという分析です。

もちろん若者が抱いている感情が客観的に見て正しいと思えないところもありますが、この世代間の分断が発展していく先に見える世界の恐ろしさを、どうしても危惧してしまうのです。

こんなところにも「分断」のタネが潜んでいるのですね。

テレビ報道では高齢者の運転に関する話題が中心で、75歳以上の人の運転免許証自主返納率が4.7%であることが問題視されています。

このような「上級国民」への怒りや世代間の分断の恐れは、ネットだから取り上げられる話題であり、地上波では取り上げられないもので、池袋自動車事故とは直接関係ないですが、別の角度からテレビ報道のあり方を問いたいところではあります。

池袋の痛ましい自動車事故を、違った角度から見てきましたが、今後、反エスタブリッシュメント(支配者層)の動き分断の流れは、大きく加速することが危惧されてなりません。

ひょっとしたら、それが「令和」の時代なのかもしれませんね…。

続きはご購読ください。初月無料です

今週の重要指標&予定

わかりやすい経済のはなし

いま話題のニュースの裏側

1億円”への道 ~ 絶対に“億り人”になる!!

マーケット状況を考えよう(テクニカル分析・需給把握)

よもやま話~近況

※これらの項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!

<初月無料購読ですぐ読める! 4月配信済みバックナンバー>

※2019年4月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

・今後の世界経済は「どこが弱いか」を見極める動きに/上級国民/日銀が年金を抜いて筆頭株主(4/22)
・日米通商交渉は大きなテーマ/東京大学上野千鶴子名誉教授祝辞が反響(4/15)
・株価上昇、債券上昇、原油価格上昇、ドル上昇/レアアースをめぐる経済戦争(4/8)
・世界は再び緩和へ、トルコは大丈夫?/イスラエルとパレスチナ(4/1)
いますぐ初月無料購読!

image by:StreetVJ / Shutterstock.com

※本記事は、らぽーる・マガジン 2019年4月22日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込324円)。

3月配信分
・サブリース契約を考える(3/26)
・震源地はドイツ/米国「逆イールド」出現(3/25)
・デジタル手続法案 印鑑レスに待ったがかけられた.。/日本ポーカープレイヤー世界チャンプから学ぶ(3/11)
・やや「リスク・オン」の様相かな.。/中国の野望「北極海開発」と「宇宙戦争」(3/4)
2019年3月のバックナンバーを購入する

【関連】レオパレス、破綻は秒読みか。オーナー会は「改修工事完了まで会社が持たない」と判断=姫野秀喜

【関連】企業が儲けても給料は増えない。アベノミクスの家計軽視が世界経済を悪化させる=斎藤満

【関連】いきなり!ステーキ、いきなり業績不振へ。値上げしたら負ける国内デフレの深い闇=今市太郎

1 2 3

らぽーる・マガジン』(2019年4月22日号)より一部抜粋
※タイトル、本文見出し、太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

らぽーる・マガジン

[月額330円(税込) 毎週月曜日]
投資を始めたばかりの人、これから投資を始める人に向けての情報誌です。ある程度投資を経験している人にも、今後の投資判断の材料としていただく情報を書いています。今足元で起きている出来事を、報道情報を深く読み解き、また、実際に投資を行っている人からの現場の情報をもとに、分かりやすく解説していきます。投資が「わかりやすい」情報誌です。「らぽーる」は、臨床心理用語で、クライアントとの「架け橋」を意味します。情報を通じて皆様との架け橋が「らぽーる・マガジン」です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー