fbpx

40年で50倍に膨れたダウ平均と、わずか4倍の日経平均。令和で日本も追いつく?=武田甲州

私が証券業界に入って40年。NYダウは50倍以上の2万6,000ドル台になり、日経平均は4倍ちょっとしか上がっていません。令和で日本は飛躍するでしょうか。(『証券アナリスト武田甲州の株式講座プライム』)

※本記事は有料メルマガ『週刊 証券アナリスト武田甲州の株式講座プレミアム』2019年4月8日号の抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

衰退の時代だった平成が終わる。令和で日経平均は20〜30倍へ?

この40年で大きく成長した市場

私が証券業界に入って40年。当時の日経平均株価はおよそ5,000円で、NYダウは500ドル程度でした。

それから40年。NYダウは50倍以上の2万6,000ドル台になりました。

それに対して日経平均株価は4倍ちょっとしか上がっていません。

日本の国力は低下する一方

日経平均株価の最高値は1989年末の3万8,915円でなかなか抜くことができませんが、米国株はやすやすと壁を超えて高値更新を続けてきました。

日本の国際競争力は1990年頃の世界首位をピークに今は25位。G7で最低になりました。「ジャパン・アズ・ナンバーワン」は完全に死語となり、国力は低下する一方です。

日本衰退の時代だった「平成」が終わり、もうすぐ「令和」がスタートします。

Next: ここから30年、日経平均は20倍もありえる?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい