fbpx

止まらぬドイツ銀行株の暴落、破綻秒読みで「リーマン超え大暴落」の起爆剤となるか=今市太郎

ドイツ銀行株が先月5月に入ってから連日のように最安値を突き進んでおります。暴落などの金融パニックが起きて破綻に追い込まれるのか、この銀行が先行破綻して金融パニックが起きるのか。非常に気になるところです。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2019年5月31日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

危ないのはドイツ銀行だけじゃない?リーマン超えの大暴落が迫る

いよいよ破綻へのカウントダウンか

すでにお気づきの方も多いと思いますが、ドイツ銀行株が先月5月に入ってから連日のように最安値を突き進んでおり、このままでは価格がなくなってしまうのではないかと思うほどの下落を継続中です。

危ない危ないと言われ続けてきたドイツ銀行ですが、コメルツ銀行との統合話も結局うまくいかず、振り出しに戻ることとなりました。

この銀行がここからどう再建されていくのか、または分割解体されるのか。またしても注目される状況になってきています。

ドイツ銀行株のクズ株化は当然、ほかの銀行にも影響をおよぼすだけに、ここからどうなるのかが注目されるところです。

暴落などの金融パニックが起きて破綻に追い込まれるのか、この銀行自身が先行破綻することで金融パニックが起きるのか。

いったいどちらなのか、非常に気になるところです。

負債総額は260兆円超、リーマンのざっと4倍超の有望破綻銘柄

早いもので、リーマン・ショックからすでに10年半以上の歳月が経過しています。

米国の株式市場もやがて再来する大暴落へのカウントダウンがすでに始まっている感がありますが、エリオット波動の5波動目というのはどこまで延長するかわかりませんし、突然とん挫して下落を始めることもありえます。

大津波の到来でいえば、もはやリュックサックを背負って高いところに避難していなければならない時間帯に入っているのかも知れません。

そんな中でのドイツ銀行の株価下落は、とにかく相当厳しい状況に差し掛かっていることを示唆するものとして注目されます。

DEUTSCHE BANK AG<DB> 日足(SBI証券提供)

DEUTSCHE BANK AG<DB> 日足(SBI証券提供)

Next: ドイツ銀行だけじゃない?リーマン超えの大暴落は近づいている

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい