fbpx

これから高確率で成長する情報サービス業界、なかでも注目の3社をピックアップ=栫井駿介

これからますます広がってくる企業のIT化に欠かせない業界の一つが情報サービスです。そのなかでも、これから注目だと考える3社をピックアップして紹介します。(『バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』栫井駿介)

有料メルマガ『今週のバリュー株投資』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

情報サービス分野でこれからの成長が期待できる3社

システム情報、Minoriソリューションズ、オービック

今後、国内経済が停滞する中でも高い確率で成長する業界の一つが情報サービスであることは間違いないでしょう。

労働力も減少する中で、企業はますます業務を効率化させなければなりません。そして、その多くはいまやシステムで行えてしまいます。

日本企業は先進諸国と比べてシステムの導入が遅く、生産性の低さが顕著でした。人手不足や働き方改革により、ようやく導入の機運が高まってきたと言えます。

AWS(Amazon Web Service)やMicrosoftのAzureを使えば、いまや誰でもどこからでもシステムを利用できるようになりました。一方で、それでも素人が導入するのが困難で、間に「システム屋」を挟まなければ簡単には導入できません

このシステム屋は、AmazonやMicrosoftとともに、企業のIT化に不可欠な存在です。その中で、発売されたばかりの四季報を見ながら気になった企業の一部を紹介します。

システム情報<3677>

大型のシステム開発を得意とし、金融機関などからの受注が多くなっています。業績は、売上高が4年で約2倍になるなど、うなぎのぼりに上がっています。

【出典】みんかぶ

【出典】みんかぶ

強みとしては、企業のソフトウェア開発プロセス成熟度を示すCMMIで最高のレベル5を取得していることです。日本でこれを取得しているのは、大手システムベンダーを中心とする10社程度に限られます。大企業はその安定感から、数ある企業の中でシステム情報に発注するのです。

社長や常務もNTTデータ出身と、手堅い布陣となっています。金融機関などからの信頼度も高いでしょう。小さくて成長著しい会社ながら、同時に風格も感じられます。

気になるのは、特定の企業からの受注や下請け業務が多いことです。第一生命のシステムが売上高の10%以上を占め、三菱電機インフォメーションシステムズやNTTデータからの下請けも多くなっています。受注先が財布を締めたり、何らかの理由で外された場合のダメージは大きいと言えるでしょう。

株価は伸び続け、PERは24倍と高めの水準です。とは言えROEも26%と高水準で、企業のシステム依存度が高まるにつれて期待が持てる企業です。そこでCMMIレベル5は強力な経済の堀となるでしょう。

焦って買うことはありませんが、相場の急落などで下がった時には狙いたい銘柄です。

システム情報<3677> 週足(SBI証券提供)

システム情報<3677> 週足(SBI証券提供)

Next: Minoriソリューションズ、オービックの注目すべきポイントは?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい