fbpx

「ファーウェイ使うなら重要情報出さない」米国に選択を迫られる韓国、時間切れで経済崩壊へ

ファーウェイ排除を巡って、韓国は米中両国に選択を迫られている。しかし、どちらを選んでも韓国に見返りはなく、選ばないでいると事態は悪化するのみだ。(『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』)

※本記事は、『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』2019年6月16日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

韓国に見返りナシ。米中はそれぞれ一方的に要求を突きつけてくる

ファーウェイが「踏み絵」

韓国は今、米中貿易戦争の再開によって一気に苦境に立たされている。米中は今後、両陣営の仲間集めをしていくと思われるが、いったい、韓国はどちら側に付くのだろうか

ファーウェイ排除が完全な踏み絵となっているわけだが、いまだに答えは出ていない韓国企業に丸投げ状態である。

文在寅大統領は9日から北欧へ訪問しており、韓国にはいなかった。その間だけでも、米中はどちらも動いている。

両国の主張は正反対で、中国はこれからもファーウェイ製の機器を使い、半導体などのスマホの製造に使う製品を輸出しろと迫り、逆に米国は、ファーウェイ排除を迫っている。

米国「ファーウェイを使うなら重要情報は出さない」

例えば、米国防省は13日「韓国が第5世代(5G)ネットワークにファーウェイの通信装備を使用する場合、敏感な情報を露出しない」と明らかにしている。

通信装備購買を中断しないと今後、韓国には重要な情報は提供されない。つまり、情報提供の見直しに言及した。

その敏感な情報がどこまでかはわからないが、おそらく北朝鮮を監視している衛星などの軍事情報もそれに含まれるだろう。

これは韓国政府が以前に述べていた「(ファーウェイ装備を使用しても)韓米間の軍事安全保障分野に及ぼす影響は全くない」と述べていたこととはまったく事情が違う。

韓国政府と米国政府の見解は明らかに異なっている。

中国「5G関連企業に制限をかけないことを高く評価する」

米国が動けば、当然、中国も動く。

中国政府はサムスンSKハイニックスなど韓国主要企業と会って、米国政府の要求に応じないよう要求した。

12日には邱国洪駐韓中国大使が、国会を訪ねて尹委員長と非公開面談をしたとき、「韓国政府が5G移動通信関連企業に制限を設けていないことを高く評価する」と述べている。

このように米中がどちらの主張を韓国に押しつけて,まさに米中からモテモテである。

しかし、韓国は経済では中国依存安全保障では米国に依存しているので、どちらを選ぶなんてことは最初からできない

Next: 韓国のメリットはゼロ?米中はそれぞれ一方的に要求を突きつけてくる

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい