fbpx

ほとんどの大人が子どもレベル?4種の「お金のIQ」を高めれば幸せなお金持ちに=本田健

「お金のIQ」には4種類

まず、お金のIQには4つあります。お金を「稼ぐ」「使う」「守る」「増やす」です。順に説明していきます。

<「お金のIQ」その1:稼ぐ>

これは、自分でお金を稼ぐことです。会社員の人であれば給料を増やしていくことです。自営業でも従業員でも自分のバリューを高めていくと、貢献度が高い分だけ豊かさへの大きな近道になります。売上高を上げていく過程にはいろいろな要素があると思いますが、この稼ぐことに熟達してくると、当然お金に恵まれやすくなります。

しかし、多くの人はこの稼ぐところでつまずいてしまい、なかなか次に行くことが難しいのです。

<「お金のIQ」その2:使う>

これは自分が持っているお金を、どのように上手に使うのかということです。一言で表現すると、「生き金」を使うことです。

「生き金」を使うことによって、初めてお金が返ってきます。例えば誰かに投資してあげることだったり、ボーナスを出すこと、誰かにご馳走することかもしれません。あるいは広告宣伝をすることかもしれないし、場合によっては車にお金を掛けることかもしれません。

つまり、あなたが「これだ!」というものにお金を掛けたり、何かに投資することが生き金になります。

生き金を使えばリターンが返ってくるし、死に金を使えばお金は戻ってこないばかりか、場合によっては追加での支出を迫られる場合もあります。

だからこそ、生き金と死に金をよく見極めて、上手に使わなければならないのです。

<「お金のIQ」その3:守る>

お金を上手に稼いだ後に、誰かに貸してしまったり、中途半端に使ってしまい、上手に守り切れない人たちがたくさんいます。誰かの保証人になってしまうこともその1つです。

それでこの「守る」ということが、とても大事になってきます。稼いだお金は、上手に守らなければ、どんどん消えてなくなってしまうのです。

Next: 問題はどうやって「増やす」のか。お金についての知性が求められる

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい