fbpx

もうバイクはオワコンなのか? 世界的な「おっさんの貧困化」でハーレーが売れない

ハーレー・ダビッドソン社は2019年販売予想を下方修正すると発表。世界的に、ターゲットである40代中年には、高級バイクを買う余裕がなくなってきています。(『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』)

※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2019年8月2日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

グラフでわかる高級バイクの凋落ぶり。今後はローン破産が激増?

5年連続の販売台数減少

ハーレー・ダビッドソン社が2019年販売予想を下方修正するとの報道が出ています。海外のニュースを翻訳しながら、内容について解説します。

Harley-Davidson社は2019年販売台数について、予想以上の販売減少になると発表。

その理由として、全世界で起きている関税戦争と中年世代の需要の減退を理由に挙げた。

2019年通年の出荷予想台数を、21万7,000台から21万2,000台へと、前回の予想より5,000台引き下げた。

昨年の出荷実績は22万8,051台であったので、かなりの減少となる。

2014年は26万7,999台であったので、5年連続の減少である。

2019年第2半期の全世界販売台数は前年同期比で8.4%減少。米国市場販売台数は同じく8%減少。欧州では12.5%の減少となった。

出典:Harley-Davidson cuts forecast after motorcycle sales slump – NEW YORK POST

販売台数の減少が止まらない

最新の2019年第2四半期の業績グラフを紹介した方が状況がよくわかります。

<(ア)米国市場の販売台数比較>

X軸は左から、2018年第2四半期、2019年第2四半期、2018年上半期、2019年上半期です。いずれも減少しています。

昨年上半期は7万5,800台だったのが、今年は7万900台で6.5%の減少。昨年は8.7%の減少でした。

Next: グラフでわかる高級バイクの凋落ぶり。今後はローン破産が激増する?

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい