fbpx

米ドル/円の戻り高値は限定的 各通貨ペア・ペンタゴンチャート分析=川口一晃

117円を超えない限り米ドル/円の戻り高値は限定的?正五角形の黄金比率で相場を読み解く「ペンタゴンチャート」の第一人者・川口一晃氏による最新の各通貨ペア分析をお届けします。(☆ペンタゴンチャート分析<為替編>

ペンタゴンチャートの見方
(1) ローソク足(値段)は各辺に沿って動いたり、各点に引き寄せられる
(2) 各点が変化日になる
(3) 各点に引き寄せられたもののその点に到達できなかった場合には反転する
(4) 中心点の上方を通過すれば次のペンタゴンは上方か真横、下方を通過すれば真横か下方に付く
(5) 時間の逆行は起きてはいけないこととされている

米ドル/円の下値は112円、117円を超えない限り戻りは限定的か

米ドル/円(USD/JPY) 落ち着いた動きか

160229usdjpy_p

先週のレポートでは、AEラインに注目した。AEラインを維持することで、下げ止まりから落ち着いた動きになっていくことが期待されたからだ。実際には、AEラインを超えて、先週丸にはBEラインそしてCEラインを超えてきた。

次の注目日は3月2日前後である。
B点水準:約113円25銭
C点水準:約116円
D点水準:約120円50銭

今週のポイントは落ち着いた動きから堅調な展開につながるのかということである。

あくまでも個人的見解

BEラインに注目したい。下値支持線となったBEラインを維持することで、少なくとも底堅い展開が続くことが期待されるからだ。

値動きのポイント

下落エネルギーの強い相場が続く中、落ち着いた動きから戻り高値を試す動きになってきた。軟調な展開に戻った場合の下値の第1メドは112円前後を考えたい。

なお、下落エネルギーから上昇エネルギーへの転換のポイントは赤丸水準の117円を終値で超えることである。すなわち、117円を終値で超えない限り基本的には下落エネルギーの強い相場が続き、戻り高値も限定的となることが考えられる。

現在のシナリオ

下落エネルギーが強いのだが、底堅い動きが続く可能性がある。上述したように、上値抵抗線BEラインそしてCEラインを超えてきた。また、下値支持線AEラインが控えている。そして、ミニダブルボトムを形成した可能性もあるからだ。ただし、赤丸水準に到達するのは難しいであろう。

第2シナリオ

軟調な展開が続く可能性はある。上値抵抗線DEラインが控えている。D点以降も上値の重たい展開が続いているからである。下値のメドは青線水準の112円前後。

なお、MACDは買いシグナルが点灯し、堅調な展開になっていくことを示している。スローストキャスティックスの数値は依然と売られ過ぎ状態にいるのだが、やや上向きになってきた。

ユーロ/米ドル(EUR/USD) 流れが変わった

160229eurusd_p

先週のレポートでは、ACラインに注目した。堅調な展開が続くのであれば、ACラインから下放れることなく、ACラインに絡んだ動きが考えられたからだ。しかし、実際にはACラインから下放れ、週末には1.10ドルを終値で割り込み、エネルギーも転換することになった。

次の注目日は3月9日前後である。
A点水準:約1.125ドル
B点水準:約1.06ドル

今週のポイントは軟調な展開になっていくのかということである。

あくまでも個人的見解

B点に注目したい。先週末に到達したB点が位置する時間帯、すなわちペンタゴンのど真ん中の時間帯を通過することで新しい流れが鮮明になってくるのか否かがポイントになるからだ。

値動きのポイント

上昇エネルギー相場から下落エネルギーの強い相場に転換した。下値の第1メドは1.075ドル前後と考えている。赤丸水準の1.12ドルを終値で超えることが出来ると上昇エネルギー相場へと転換することになる。

つまり、1.12ドルを終値で超えない限りは基本的には下落エネルギーの強い相場が続くことになる。

現在のシナリオ

上値の重たい展開が鮮明になっていく可能性がある。B点が位置するペンタゴンのど真ん中の時間帯にかけて同事線が頻発し、下げ止まると思いきや、ど真ん中の時間帯に大きな陰線が出現した。また、上値抵抗線ACラインも控えているからである。下値のメドは青線表示の1.075ドル前後。

第2シナリオ

底堅い動きを見せる可能性も残っている。まず、下値支持線BCラインが控えている。また、直近の中段のもち合いの水準が下支えする可能性もあるからだ。

なお、MACDは下落トレンドが続いている。スローストキャスティックスの数値は下落が続き、売られ過ぎ状態に接近してきた。

Next: ユーロ/円 下げ止まるか|豪ドル/円 もち合いを形成か

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー