fbpx

基本はこれから成長する国や企業へ。これから投資をはじめたいという20~30代の人へ=街

最近は20代など若い人から運用の相談を受けるようになりました。そこで今回は、初心者の方へ向けて、若者へ話したことの概略をご参考の一助にご説明します。(『億の近道』街のコンサルタント)

プロフィール:街のコンサルタント
20数年間を金融(主に証券)会社で過ごし、投資銀行業務や事業育成の業務を担当。「金融機関に籍を置く(安全な)立場で客観的なことを言うより、いっそのこと経営者と同じ立場で事業拡大のお手伝いを出来ないものか」と思い立ち、2005年春に証券会社をリタイアしてコンサルティング会社を設立。

10年続ければ立派な投資、若い人に向けた年金作りのすゝめ

8月下旬から強含みの日本市場、今後の見通しは?

国内株式市場は8月下旬頃から強含みとなっています。

グロース売り&バリュー買いの動きも見られます。上昇理由の一つに、トランプ大統領が中国からの全輸入品にかける関税を先送りにすると発表したことや、10月の無条件ブレグジットが回避されそうな雰囲気になり(まだ道のりは長く、どうなるか分かりませんが)、取りあえず市場は悪材料出尽くしと判断したのかも知れません。

もう一点、ヘッジファンドが年末の決算を控えてポジション解消(利益確定)に動き始めたとも考えられます。特に空売りが多かった銘柄の値戻しが急ですから、中長期の投資家が戻ってきたと言うより短期筋の買戻しが主流と考える方が自然と思われます。もちろん日本株が客観的に割安であるとの判断もあるのでしょう。

メジャーSQ後も買い戻しが続くようなら、少なくとも9月一杯は買いが続く可能性が高そうと考えています。市場金利の動きも行き過ぎた分の修正なのか?まだ下げ続けるのか?…なども気になります。

もしEUが再度QE(緩和策)を進めるようなら、それこそ欧州主要国だけで無く米国もゼロ金利へと向かいそうです。まだ金利が反転したと言う程では無さそうですから注意しています。

さて、最近は20代など若い人から運用の相談を受けるようになりました。

と言うより…、50歳辺りから上の人達は皆、単刀直入に「何が儲かる?」と聴いてきます(苦笑)。誰でも簡単に儲かるものを知りたがる訳ですが、そんなに簡単に儲かるものが分かれば苦労は無いです(汗)。

ご参考の一助に、若者へ話したことの概略だけでも書いてみます。億近をご覧いただいている中にも初心者の方はいらっしゃるでしょうから。

投資の基本は、成長する市場、または成長すると思われる対象に投資すること

これだけです。

上記の観点から、彼らには様々な過去の投資や環境・背景などを説明したうえで、下記の方針に従って投資商品を選ぶように伝えています。

若い方には少額積立が入り易いし安全ですので、まずはイデコで、次に積立NISAで投資を始めるようお勧めしています。

1)成長しない国あるいは通貨には投資しないこと=つまり日本円の投資が外れます
2)人口構成で若年層が多い国、または組織に投資すること=古い会社は外れます
3)現在の景気が下り坂の途上と考えれば、債券への配分を増やすこと
4)いい加減景気が悪くなったら、株式や不動産への配分を増やすこと
5)日本円で収入を得ている日本人なら、海外の成長市場を探して投資すること

インデックスでいいですから、

a)広く海外の株式に投資するファンド
b)海外の債券に投資するファンド
c)成長を期待できる新興国市場に投資するファンド
e)海外のREIT…

この辺りを中心にして、時々の経済・市場環境を分析して、中長期的な観点で配分を決めて投資すれば良いだけです。配分の変更は数年単位でOK。

マクロ市場分析はプロのコメントを参考にして、上記のような手間のかからない方法で投資するようお伝えしています。10年も続ければ立派な投資になります。

反対に、何処かの金融機関が積極的に勧めてくれる、中身が良く理解できず、仕組みが複雑な商品に手を出してはダメと言っています。そんなものを買っていてはお金は増えませんし減るばかりです…と(笑)。

昨年下期からは証券も銀行も郵便局も、何処の金融機関も収益が低迷しています。故に実際にはコスト高によりリターンが低くなり易い外貨建て商品や保険、EB債などの仕組債の販売に注力していますから、注意しましょう。

かんぽ生命の不適切営業に至っては、この21世紀になってさえまだそんなことしていたのか?と、呆れるほど原始的な悪質営業をしていました。組織ぐるみと言われても申し開き出来ません。

今朝はヤフーによるZOZO買収のニュースに驚きました。

これはヤフーにとり、ちょっと高い買い物になってしまうのでは?と危惧します。が…、孫社長がみずほFGに数十億円の手数料をあげる(恩を売る)ためのディールなのかな?とも感じました。

ソフトバンクGからみたら曾孫上場会社になりますが、数十億円などSBGにとっては僅かな額です。孫社長はディール巧者ですね(^^)

【関連】韓国・文政権「反日続けば選挙で勝てる」は大誤算、止められない経済崩壊で大敗へ=勝又壽良

【関連】親の「終の棲家」が役目を終えたとき、子どもはどうするのが正解か?【戸建て編】=牧野寿和

【関連】お金持があれば幸せとは限らない…資産を築いた人が幸せになるためのお金の使い方

image by : ITTIGallery / Shutterstock.com

億の近道』(2019年9月12日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

億の近道

[無料 週3~4回]
個人投資家の方にも機関投資家並み、若しくはそれ以上の情報提供をするのが目的です。株式で「億」の資産形成を目指しましょう!我々マーケットのプロが導きます。各種コラムが大好評!内容に自信アリ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー