fbpx

台風消滅技術はいつ完成するのか?稀代のアイデアマンが残した図面と野心=浜田和幸

30年前にあった「台風消滅装置」の図面

筆者は日本列島周辺の海底に眠るメタンハイドレートの開発と安全な回収に向けて、生前の能村氏とさまざまな議論を重ねたものだ。

その能村氏が自信たっぷりに図面を見せてくれたのが「台風消滅装置」であった。

移動する台風の目に向けて「ヨウ化銀」ミサイルを撃ち込むことで、海面温度を低下させ、台風を雲散霧消させるという触れ込みであった。

既に30年近く前の話である。

「国際特許の申請もしている」と、熱弁を振るう姿が今でも思い出される。

残念ながら、能村氏の逝去に伴い、この野心的な技術はお蔵入りになってしまったようだ。

実は、似たような研究はアメリカでも中国でも進んでいる

ぶっちゃけ、大阪御堂筋パレードを快晴の下で開催させてきた「晴れ男、能村龍太郎氏」の遺産を「ムーンショット計画」でも最大限に生かしてもらいたいものだ。

有料メルマガ好評配信中! 続きはご購読ください

【関連】トランプは重度の妄想癖?6万人の精神科医がついに辞職勧告を突きつけた=浜田和幸

【関連】地球から政治家が消える?欧州で「人工知能」に政治を任せる動きが拡大中=浜田和幸

<メルマガ購読ですぐ読める! 10月配信済みバックナンバー>

※2019年10月中に定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

・台風消滅技術はいつ完成するのか?(10/18)
・恐ろしい時代:フェイクニュースの方が早く、広く伝わる(10/18)
・ティファニーの朝食は中華?(10/11)
・トランプも真っ青!90代が大活躍するアジアの政界地図(10/11)
・米中2大超大国を猛追する新興セブンパワーズ(10/4)
・真夏の東京オリンピックに間に合うのか、医療通訳不足問題(10/4)
いますぐ購読!

image by: lavizzara / ShutterStock.com

※本記事は有料メルマガ『浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』2019年10月18日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読ください。

【関連】騒がれていた温暖化は「氷河期」再来の前触れだった?太平洋の海底温度は低下中=浜田和幸

【関連】コメディ俳優が大統領に就任。ウクライナ国民が汚職と米国支配にNOを突き付けた=浜田和幸

1 2

浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』(2019年10月18日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』

[月額550円(税込)/月 毎月第1金曜日・第2金曜日・第3金曜日・第4金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
かつて人気を博したニッポン放送オールナイトニッポンの「世界びっくりニュース」を彷彿とさせるべく、フランクな語り口で、知られざる内外の『ぶっちゃけ話』をお届け致します。例えば…① 「爆買い」中国人観光客を上回る金額を日本で消費している国がある!?② 「発明王エジソン」の遺言を頼りに、無料の無限エネルギー開発に成功した企業がある!?③ 「不動産王」にしてアメリカ大統領候補トランプ氏に、北方領土問題解決の秘策あり!?…その他耳よりの情報が満載!

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー