fbpx

2,000万円問題をきっかけに結婚を考え始めた、40代半ば女性に立ちはだかる婚活のハードル=山本昌義

2,000万円問題を機に婚活を考えた、40代半ばの独身女性からの相談をいただきました。そこで、比較的高齢者の婚活について少し建設的な考え方をお伝えします。(『婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~』山本昌義)

プロフィール:山本昌義(やまもと まさよし)
山本FPオフィス代表、CFP。商品先物会社、税理士事務所、生命保険会社を経て2008年に山本FPオフィスを設立。現在は「婚活FP」を名乗り、婚活パーティ等を企画しながら婚活中の方、あるいは結婚直後の方など比較的若年層の精神面・経済面双方の相談業務をメインにこなす。中立性の確保の点から、一切の商品・代理店は扱っていない。

今回の実例は、40代半ば女性が『婚活』で考えるべき基本

老後の資金に不安…いまさらだけど結婚できる?

今回は40代半ばの独身女性から、婚活についてお話をいただきました。「今さらながら結婚したくなった。まだ大丈夫でしょうか?」

今までは結婚に否定的な考えだったものの、例の老後2,000万円問題を聞いて男性に支えてほしいと思ったそうです。

当人の年収は300万円少々で貯金はナシ。そう考えるのもムリはないのかもですね。

今回は、比較的高齢者の婚活について少し建設的な考え方をお伝えします。

さて、まずは『可能性ゼロではないが厳しいのが基本』、この現実を知っておきましょう。

そもそもですが、やはり婚活においては女性は男性から若さを求められます。40代半ばともなれば、同年代は厳しく50~60代の男性を狙うことになるでしょう。

ただ50~60代ともなると、多くの男性はすでに結婚しているか結婚を諦めています。このため、かなり限られた男性の中から相手を探すことになるでしょうね。

一方、明確な定義がある訳ではないものの女性は45歳を超えるとシルバー婚活になります。そしてシルバー婚活では、婚活ではあるものの相続などの関係で結婚しない関係を望む男性も多いです。

ただ代わりに、シルバー世代の男性は「結婚したら男性が女性を養うもの」と考えています。このため、もし結婚にまでたどり着けたならあなたの望む関係を築ける可能性が高いです。

何にしても、数少ない高齢男性と出会うためには結婚相談所の利用が不可欠といえます。

相応のお金もかかりますから、結婚に向けてまずは気合を入れて頂けますと幸いです。

Next: シルバー世代の男性になら、支えてもらうことができるのか?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい