fbpx

大相場の予兆の可能性も?底値圏で小さい陽線が3本並んだ「赤三平」は上昇サイン=清水洋介

日本古来のテクニカル分析「酒田五法」に見られるような法則は、どういう心理状態で形成されるのかを検証。今回は底での買いサイン「赤三平」をご紹介します。(『資産運用のブティック街』清水洋介)

【前回】高値圏に3本の小さな陰線が並ぶ「三羽烏」は、上へ抜けそうで抜けない天井のサイン=清水洋介

筆者プロフィール:清水洋介
大和証券、外資証券会社、外資系オンライン証券会社などを経て、証券アナリスト「チャートの先生」としてテレビ・雑誌等に登場し、また、現役ディーラーとしても日々相場と対峙する。 講演を行う一方、2014年5月に株式スクールを開校するなど投資に関して幅広い分野で活躍。著書:ローソク足と酒田五法(パンローリング)など多数。

買いサインの「赤三平」も、株価の上昇時に出たときには注意

酒田五法(その6):赤三兵-小さな兆しが方向を決める?

今回の「赤三兵」は前回の「黒三兵」の反対と考えればいいと思います。「黒三兵(三羽烏)」は「下落の予兆」でしたが、「赤三兵」は「上昇の予兆」と言うことなのです。

ただ、気をつけていただきたいのですが、もみ合いとか下落時に出現した「赤三兵」なら良いのですが、高値圏、あるいは十分上昇した後に出現した「赤三兵」は逆に「天井が近い」ことを示す場合があると言うことです。下の図をご覧ください。

gazou1

図1.の上段は前回と同じく日経ジャスダック平均の日足チャートです。図の赤い丸(左上は拡大図)のところが「赤三兵」と見られるところなのですが、底値を確認するかのようなもみ合いの中で毎日小さい陽線を3日間も続けて出現すると、「売り物が少ない」あるいは「買いたい人がいる」ということを示すものとして、次の上昇につながるということなのです。

因みに桃色の丸で囲った部分も3日間小さい陽線が連続して出現していますが、しばらく戻った後、と言うことで「赤三兵先詰まり」となり、天井形成となってしまったのです。また、青い丸で示したところは安値でのもみ合いの中で「赤三兵」となっているのですが、いわゆる「ダマシ」となってしまいました。

図2.は「赤三兵」の本来の姿と「赤三兵先詰まり」の形を拡大してまとめた図です。

この日経ジャスダック平均のチャートはいくつかこうした「赤三兵」や「赤三兵先詰まり」のような形、また、前回の「黒三兵(三羽烏)」が出現しています。その時の「心境」を考えながら底値圏でのもみ合いのときなどに注意して見ていると良いのではないかと思います。

図1.の下段は新日鉄<5401>の日足チャートです。昨年の11月末に日経平均も底値をつけ12月からの上昇の始まりとなりましたが、そのときにもみ合いとなっていた新日鉄なのですが、しっかりと上昇直前に「赤三兵」が出現しているのです。

この「赤三兵」が出現したあとに「もみ合いを放れたら…」と考えていれば後の大相場に乗ることが出来たというわけです。

このときも、もみ合いが続き、指数は下がり続けるなかで3日も陽線を続けたと言うことは、戻り売りや見切り売りをある程度こなしているか、あるいは戻り売りや見切り売りもかなり出切ってしまったと考えられます。

そこで、もみ合いを放れたものだから、強基調になったと言うことなのです。このように「赤三兵」はもみ合いや下落の過程で、売り物がある程度出切ってしまったことを示すものなのです。

(※ご注意:投資判断はご自身で行ってくださるようお願いいたします。当講座は投資判断力を強化することを目的とした講座で投資推奨をするものではありません。当講座を基に行った投資の結果について筆者及びインテリジェント・インフォメーション・サービスは責任を負いません)

【関連】酒田五法はNYダウにも通用する?「三川宵の明星」で底打ちを表すパターンを検証=清水洋介

【関連】三度目の正直、仏の顔も三度まで…3回も下値を確認したら大丈夫。三尊底の投資家心理=清水洋介

【関連】テクニカル分析は市場心理を読むべし。三尊天井が形成される投資家心理とは?=清水洋介

image by : Sergey Tinyakovt / Shutterstock.com

資産運用のブティック街』(2019年11月12日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

資産運用のブティック街

[月額550円(税込) 毎月第1火曜日・第2火曜日・第3火曜日・第4火曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
資産運用は一部の人々の特別な関心事ではなくなりました。「資産運用のブティック街」はじっくり腰を落として、資産運用の柱というべき株式投資を学ぶ講座です。株式投資を真に身に付けるには以下の3つの要件が欠かせません。(1)中立の立場で提供(2)実務の専門家(講演の専門家ではない)による講義(3)もれのない体系だった講座当講座は大手経済新聞社OBを中心に、ファンドマネージャー、チャーチストが集結してこれら3つの要件を満たす学習講座を提供いたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい