fbpx

オリエンタルランドはどこまで上がり続けるのか?株は「美人投票」と言われる本質とは=栫井駿介

各国が行う金融緩和により、世界のお金はジャブジャブになり行き場を失っています。そんななか、「誰が見ても良さそう」という銘柄にお金が殺到しています。(『バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』栫井駿介)

プロフィール:栫井駿介(かこいしゅんすけ)
株式投資アドバイザー、証券アナリスト。1986年、鹿児島県生まれ。県立鶴丸高校、東京大学経済学部卒業。大手証券会社にて投資銀行業務に従事した後、2016年に独立しつばめ投資顧問設立。2011年、証券アナリスト第2次レベル試験合格。2015年、大前研一氏が主宰するBOND-BBTプログラムにてMBA取得。

金融緩和の余剰資金が集まる先は…「儲かりそう」がキーワード

オリエンタルランドが買われ続ける理由

世界に漂う不安要素が消えない中で、いまなぜ株価が上昇するのかと言えば、世の中にお金が溢れているからです。リーマン・ショック後から続く金融緩和により、世界のお金はジャブジャブになり行き場を失っています。そこへ「FRBの利下げ」や「米中関係緩和」と言った短期的に儲かりそうな話があれば、急遽そこへ殺到するのです。

ここでポイントとなるのが「儲かりそう」というキーワードです。何でも良いというわけではなく、「誰が見ても良さそう」という銘柄にお金が殺到しています。機関投資家にとっては、そのような銘柄は既知のものであり、なおかつ関係者への説明がしやすいからです。まさに、経済学者のケインズの言った「美人投票」(※)の世界です。

(※)最も票数を集める「美人」を選んだ人が「正解」とされるゲーム。

例えば、ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランド<4661>は高値を更新し続けています。

オリエンタルランド<4661> 週足(SBI証券提供)

オリエンタルランド<4661> 週足(SBI証券提供)

じゃあ私たちもオリエンタルランドを買えばよいのかと言うと、私はあまり賛同できません。

オリエンタルランドのPERは80倍にものぼります。これからようやく事業が軌道に乗るようなベンチャー企業なら理解できる数値ですが、オリエンタルランドは老舗、まして装置産業です。このPERを許容できるほど利益が伸びるとは想像しがたい状況です。

バフェットの師であるベンジャミン・グレアムの言葉に以下のようなものがあります。

株式市場は短期的には人気投票、長期的には重量計である。

つまり、短期では上記のような美人投票の側面がありますが、長期的には企業の価値を反映するというものです。

美人投票は、他の人の心を読むことが必要です。これは非常に繊細で、いつも正解できるとは限りません。だからこそ、短期取引の成功率はどんな人でも低くなるのです。

一方、長期の尺度となる企業の価値は、事業・財務を紐解くことである程度の範囲で推測することができます。少なくとも、今が割高すぎる、割安すぎるというのは判定できるものです。

だからこそ、私たちは企業の価値を見通し、それよりも安い値札の付いているものをコツコツと買っていくことが求められます。すぐには結果が出ないかもしれませんが、時間が経てば経つほど確実に成果が出せるのです。これこそが、長期投資の真髄です。

Next: 投資は焦るほど失敗する、うまく行くためのコツとは?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい