fbpx

日銀とECBの追加緩和はどうしたら効果的なのか…そのベストな手段は動かないこと?=久保田博幸

ドラギECB総裁は7月の理事会後の会見で、利下げと資産買い入れ策再開の可能性を示唆。しかし、フランス銀行総裁がこれに対し懐疑的な見方を示唆している。(『牛さん熊さんの本日の債券』久保田博幸)

※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

徐々に日銀化しつつある、ECBの緩和施策

ECBドラギ総裁の金融緩和策に、フランス銀行総裁が懐疑的な見方を示唆

ECBのドラギ総裁は7月の理事会後の会見で、利下げと資産買い入れ策再開の可能性を示唆していた。

これに対して、これまで沈黙を保ってきたフランス銀行のビルロワドガロー総裁が債券購入再開に懐疑的な見方を示唆した。仏誌ラジェフィとのインタビューでビルロワドガロー総裁は、ECBが既に蓄積した資産は「高水準」にあり、長期債利回りを大幅に押し下げているとの認識を示した。

すでにバイトマン・ドイツ連邦銀行総裁、クノット・オランダ中銀総裁、ホルツマン・オーストリア中銀総裁が直ちに量的緩和(QE)を再開する必要性に疑義を呈していた。中核国を中心に資産買い入れ策再開に対して疑問の声が出されていたのである。

ドラギ総裁にとり、退任まであと2回の理事会を残すのみとなっている。積極的な金融緩和政策により欧州の信用危機を脱することに成功したとの自負もあるとみられ、今回の世界的なリスク回避の動きに対処しようとしているが、それに待ったが掛けられている。

ドラギ総裁は2012年に「何でもやる」と言っていたが、現実問題として「資産買い入れ」による効果は現在では薄れている。欧州の信用危機によりギリシャやスペイン、ポルトガルそしてイタリアなどの国債が大きく売られているときならば、中央銀行の買入によって市場の不安感をある程度取り除けるであろうが、いまはイタリアの長期金利が過去最低を更新している状況にあり、ここで国債を買い込んでも中央銀行の保有資産がただ増えるだけとなりかねない

これについては日銀も同様であり、黒田総裁はいくらでも手段はあると言っているが、長期金利が過去最低水準近くまで低下し、日銀はこつこつと「量」に対しては調整を図っているなか、ここであらためて国債買入の量を増やしてもほとんど市場への効果はない。市場がそれで安心するどころか、余計なことはやってくれるなということになろう。

これは欧州も同様であると思われる。そして日銀と同様にマイナス金利政策まで導入してしまっているなか、ここで政策金利のマイナスを深掘りしても、その効果もないどころか、副作用が大きくなり、景気に対してマイナスとなる懸念すらありうる。このため、ベストな手段としては動かないことであると思われる。


※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】後に引けない東京五輪。トイレ臭水泳会場、遊泳禁止も「条例変更」で強引開催へ=ら・ぽ~るマガジン

【関連】電通が目論む「情報銀行」構想の衝撃、個人情報保護よりも「活用」重視の恐ろしさ=岩田昭男

【関連】文在寅に突き刺さる2つのブーメラン、側近スキャンダルと反日煽り過ぎで支持率急降下=勝又壽良

image by : Julenochek / Shutterstock.com

牛さん熊さんの本日の債券』2019年9月3日号より
※記事タイトル・リード文・本文見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

牛さん熊さんの本日の債券

[月額1,080円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
金融サイトの草分け的な存在となっている「債券ディーリングルーム」の人気コンテンツ、「牛さん熊さんの本日の債券」がメルマガとなりました。毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを会話形式にてお伝えします。さらっと読めて、しっかりわかるとの評判をいただいている「牛さん熊さんの本日の債券」をこの機会にぜひ御購読いただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい