fbpx

文在寅に突き刺さる2つのブーメラン、側近スキャンダルと反日煽り過ぎで支持率急降下=勝又壽良

ついに韓国・文在寅政権の不支持が支持を上回りました。側近の裏口入学スキャンダルと、反日やりすぎによる経済低迷が響いています。(『勝又壽良の経済時評』勝又壽良)

※本記事は有料メルマガ『勝又壽良の経済時評』2019年9月2日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

プロフィール:勝又壽良(かつまた ひさよし)
元『週刊東洋経済』編集長。静岡県出身。横浜市立大学商学部卒。経済学博士。1961年4月、東洋経済新報社編集局入社。週刊東洋経済編集長、取締役編集局長、主幹を経て退社。東海大学教養学部教授、教養学部長を歴任して独立。

日本の「経済制裁」だと猛反発したのに、実際は影響がなく窮地に

文在寅大統領の側近中の側近にスキャンダル

文在寅(ムン・ジェイン)政権は、側近中の側近と言われる法務部長官候補、曺国(チョ・グク)前大統領府民情首席秘書官のスキャンダルで足下を洗われています。

曺氏にまつわる疑惑はいくつかありますが、最も国民感情を逆なでしているのは娘の大学不正入学疑惑です。高校3年生で、大学医学部論文の筆頭筆者として名を連ねたからです。

「筆頭筆者」とは、その学術論文を主としてまとめたという意味です。高校生の身分で、大学医学部論文の筆頭筆者になり得るはずがありません。この論文によって、娘が高麗大学という韓国で「四天王」とされるトップクラスの大学へ、無試験入学できたのです。

韓国の大学入試は、競争率と質の高さで異常なほどの関心を呼んでいます。前記の「四天王」クラスの受験生は、高校2年レベルで東大入試問題をクリアするというほど。1日の受験勉強は20時間に近いと言いますから、常識を外れています。

昨年春、ソウル大学へ入学できた学生が、入学から1週間後、なぜか飛び降り自殺した事件がありました。これに悲嘆した家族(両親と妹)が、相次ぎ自殺するという悲劇が起こっています。韓国の大学受験は、これほどの悲劇と裏腹のところで行われる狂気とも言えるでしょう。

過激な受験競争の世界である韓国で、ソウル大学教授を父に持つ娘が、親の七光りで高麗大学へ無試験入学とは、あまりの優遇で卒倒するほどでしょう。

このスキャンダルは、他の投資問題と絡んで韓国検察から強制捜査が入りました。約20カ所の家宅捜査です。関係者2人には出国禁止命令が出されました。事件化するまでに出国した2名にも帰国要請が出されました。

これだけの捜査態勢が敷かれている以上、文大統領は曺氏を法務部長官候補として指名し続けるのか、大きな曲がり角に立っています。

前大統領・朴槿惠氏も同様のスキャンダルで支持を失った

文在寅氏にとって頭の痛いのは、前大統領の朴槿惠(パク・クネ)氏と長年の友人であった崔順実(チェ・スンシル)氏の娘が、大学不正入学で国民の憤激を買った事件と似通っている点です。

前大統領の事件で、文氏は当時の野党代表として朴政権を厳しく非難しています。今度は、文氏の最側近で同様な事件が起こったのです。

まさに、ブーメランに見舞われました。ダブルスタンダードは許されません。崔氏の娘の不正入学を非難攻撃し、自らの最側近では「不問」とはいきません。

文氏が、得意とするフレーズの「国民感情が許さない」のです。 

Next: ついに不支持が支持を上回った/なぜ文在寅は歴史問題をほじくり返す?

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい