fbpx

株価にとらわれすぎていませんか?株式投資をするときに、もっとも重視するべき本質=栫井駿介

「この銘柄はいくらまで上がるのか」などと聞かれるたび、投資家が株価に縛られていることがわかります。わたしたちが本当に目を向けるべきものを解説します。(『バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』栫井駿介)

プロフィール:栫井駿介(かこいしゅんすけ)
株式投資アドバイザー、証券アナリスト。1986年、鹿児島県生まれ。県立鶴丸高校、東京大学経済学部卒業。大手証券会社にて投資銀行業務に従事した後、2016年に独立しつばめ投資顧問設立。2011年、証券アナリスト第2次レベル試験合格。2015年、大前研一氏が主宰するBOND-BBTプログラムにてMBA取得。

バフェット名言シリーズ1~株価は思惑、事業は実体

株券ではなく、事業を買う

私が良く聞かれることに「この銘柄の下値はいくらか」「いくらまでだったら上がるのか」というものがあります。

これを聞くたびに、投資家がいかに「価格」に縛られているのかよくわかります。

私たちが買っているのは、株価という数字ではありません。株式は、企業の「持ち分」を証明するためのものです。

企業の経営者やそこで働く人たちは、日々売上を生むために努力しています。売上から給料などの費用を支払って残った利益が、最終的に株主に分配されます。

わたしたちが目を向けるべきなのは、この事業活動であるべきなのです。

事業が好調なら、利益が増え、やがて株価に反映されます。私たちはそのような「良い事業」を買わなければならないのです。

毎日株価が変動する理由

それではなぜ株価は毎日動くのでしょうか。

それは人々の「思惑」が入り込むからです。ちょっとした「噂」や気の持ちようの変化によって、事業に対する見方ががらっと変わってしまうのです。

私の友人は、付き合っている彼女がいたのですが、ある日急に箸の持ち方が気になり、好きではなくなってしまったと言います。

1118kakoi_01

この時、彼女自身は何も変わっていません。しかし、友人がふと気になってしまったことで、気持ちが180度変わってしまったのです。

株価の変動とは得てしてこのようなものです。

短期的な株価は、このようにあっという間に変わってしまいます。だからこそ株価の予想は難しく、動きや「下値」に確かなものはないのです。

Next: 株式投資をするときは、変化しないものに目を向ける

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい