fbpx

2020年、日本は未曾有の好景気へ。トランプ再選でさらにバブルは長引いていく=菅下清廣

2020年に未曽有の好況が到来する可能性がある。トランプの米国ファースト政策によるNY株高が日本株や世界の株価を引っ張り、本格的なバブルに突入してゆく。(『菅下清廣の”波動からみる未来予測”』菅下清廣)

【関連】死ぬまで働かされる人生から脱出!「経済の千里眼」菅下清廣氏の新著紹介

※本記事は『菅下清廣の”波動からみる未来予測”』2019年11月11日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:菅下清廣(すぎした きよひろ)
国際金融コンサルタント、投資家、経済評論家、スガシタパートナーズ株式会社代表取締役、立命館アジア太平洋大学学長特別顧問。ウォール街での経験を生かした独自の視点で相場を先読みし、日本と世界経済の未来を次々と的中させてきた「富のスペシャリスト」として名を馳せている。「経済の千里眼」との異名も。著書に『今こそ「お金」の教養を身につけなさい』ほか多数。

ついにバブル到来?2020年、東京五輪を控えた日本に好況が訪れる

日経平均、年末にかけて2万4,500円のゾーンへ

日本の株ですが、新しい上昇トレンドが始まっています。

ちょっと専門的な話になりますが、日本の株価の最近の波動(波のサイクル)を解説しますと、昨年2018年の10月に2万4,000円台で天井をつけて、その後約1年間下落調整が続いていました。

今年前半の高値は4月24日の2万2,362円です。これは半値戻しの壁です。

この壁を、なかなか突破できなかったのですが、私が当社運営の有料音声配信「スガシタボイス」で、「10月は株価の転機になる。10月末までには4月高値、半値戻しの壁を突破するだろう」と予測していましたが、その予測通り、11月11日に半値戻しの壁を突破しました。

日経平均株価 週足(SBI証券提供)

日経平均株価 週足(SBI証券提供)

なので、スガシタボイス会員の皆さんには、11月2日の講演会で日本の株価は昨年10月以来の下落調整局面がようやく終了して、アベノミクス相場の上昇第3波が始まろうとしているとお話しました。

おそらく年末にむかって上昇して、2万3,500円から2万4,500円のゾーンに入ってゆくだろうと予測しました。

NYダウは2〜3年で4万ドルへ?

その日本の株価上昇のけん引役は、NY株の上昇です。

今、世界の株式市場はNY株高に連動しています。

もっと分かりやすく言えば、トランプ相場が日本株や世界の株価を引っ張っているのです。

私はまた前述の「スガシタボイス」や会員向けの講演で、2016年11月にトランプ大統領が誕生して以来、NY株は上がり続けると予測してきました。

それに、いわば、ツレ高の日本株も上昇するだろうと明言してきました。今もその相場見通しに変わりはありません。

トランプ大統領の支持率が高く(現在は共和党支持者では90%以上という驚異的な支持率が続いている)、大胆な減税、積極的な財政出動、金融緩和という、好況、株高を呼び込む政策が今後も前進するなら、2020年の大統領選挙にむかってNY株の上昇は続くNYダウ3万ドル突破もいずれ実現するだろう。

そして、来年の大統領選挙でトランプが再選されるなら、2〜3年のうちにNYダウは夢の4万ドルをめざすような展開になるだろうと予測しています。

NYダウ 月足(SBI証券提供)

NYダウ 月足(SBI証券提供)

NY株の波動から見て、今回の上昇相場の出発点、2009年3月の底値6,469ドルから約5倍の3万2,000ドル近辺の高値を少なくともつけるのではないかと見ています。

Next: 米国ファースト政策が株価上昇のエンジン。2020年には未曽有の好況が到来する

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい