fbpx

A社とB社、あなたならどっちを買う?銘柄名を隠して聞いたアンケートの結果は…=炎

目隠しアンケート調査としてA社とB社という2銘柄を掲げてどちらに投資したいと思うでしょうか?セミナー来場者とアナリスト陣の見方の違いについても解説。(『億の近道』炎のファンドマネージャー)

プロフィール:炎のファンドマネージャー(炎)
小学生から証券会社に出入りし、株式投資に目覚める。大学入学資金を株式の利益で確保し、大学も証券論のゼミに入る。証券会社に入社後は一貫した調査畑で、アナリストとして活動。独立系の投資運用会社でのファンドマネージャーの経験も合わせ持つ。2002年同志社大学・証券アナリスト講座講師を務めたほか、株式漫画の監修や、ドラマ『風のガーデン』(脚本:倉本聰)の株式取引場面の監修を行う。

株価低迷中の銘柄が見直される時は、突然に訪れる

銘柄名を隠した2社の評価はどのように判断されるのか?

今年も残り20日余りとなってきました。皆様におかれましては、師走相場をお楽しみになっているものと拝察致しております。

先日の創刊20周年記念セミナーでは過去を振り返り、今後の展望をさせていただいたうえでポートフォリオをご提示させていただきました。皆様もそれぞれの思いで銘柄を選定し、リスクテイクされているものと思いますが、全体相場に対してどのような成果が得られているかは気になるところです。

セミナーで取り上げたLibWork<1431>は急騰後、小一服といったところですが、PER30倍水準までの上昇後のミニ調整局面と捉えることができます。ビジネスモデルは単なる熊本と言う地域に根差した注文住宅メーカーではなく、IT×住宅をベースとした全国展開を図るライフスタイル提案型の住宅メーカーという位置付けということでご理解いただくことがポイントになります。12月末には2分割を予定。権利落ち後の株価変動が関心事となっています。

ソーラー販売大手のグリムス<3150>のグループ子会社グリムスソーラーとの事業提携を図っており、今後のスマートハウスの展開を図る意向。今後も住宅周辺分野企業との提携に向けた活発なアクションが期待される点で、中長期的な時価総額の向上を大いに期待したいところです。

セミナーでは目隠しアンケート調査としてA社とB社という2銘柄を掲げて、来場された皆さんがどちらに投資されるかをお聞きしましたが、多くの皆さんが下記のうちのBに投資するということで支持をされました。そこでセミナー開催後の株価を簡単に見ておきます。

<目隠しアンケート調査>

あなたはどちらのマザーズ銘柄に投資されますか?

[A社]
時価1,798円、今期予想EPS14.79円(予想経常増益率86.6%)、時価総額446億円、3Q累計経常利益4.2億円 通期5.28億円

[B社]
時価400円、今期予想EPS17.55円(同▲48.7%)時価総額75億円、実績経常利益10.28億円、今期予想経常利益5.27億円(先行費用6.7億円)

Next: A社とB社はそれぞれどんな企業なのでしょうか?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー