fbpx

天才投資家バフェットも失敗する。名言「予測が難ければ、忘れて進め」の真意とは?=俣野成敏

天才投資家のバフェット氏は「必要なリターンなら、専門家でなくても出せる」と言います。さらに「予測が難しければ、忘れて次へ進め」とも。いったいどういうことでしょうか?(俣野成敏の『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』実践編

【関連】天才投資家バフェットが警鐘。なぜ日本人は収入が途絶えた老後から投資をするのか?=俣野成敏

※本記事は有料メルマガ『俣野成敏の『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」』実践編』2019年11月11日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:俣野成敏(またのなるとし)
ビジネス書著者、投資家、ビジネスオーナー。30歳の時に遭遇したリストラと同時に公募された社内ベンチャー制度で一念発起。年商14億円の企業に育てる。33歳で東証一部上場グループ約130社の現役最年少の役員に抜擢され、さらには40歳で本社召還、史上最年少の上級顧問に就任する。2012年の独立後は、フランチャイズ2業態6店舗のビジネスオーナーや投資活動の傍ら、自らの投資経験からマネーリテラシーの向上が不可欠と考え、啓蒙活動にも尽力している。自らの経験を書にした『プロフェッショナルサラリーマン』及び『一流の人はなぜそこまで、◯◯にこだわるのか?』のシリーズが、それぞれ12万部を超えるベストセラーとなる。近著では、『トップ1%の人だけが知っている』(日本経済新聞出版社)のシリーズが11万部に。著作累計は45万部。ビジネス誌の掲載実績多数。『MONEY VOICE』等のオンラインメディアにも数多く寄稿。『まぐまぐ大賞(MONEY VOICE賞)』を3年連続で受賞している。

プロには勝てない。そこそこを狙う兼業投資家ができることは?

1. 我々は投資とどのように向き合えばいいのか?

今回は、「名言に学ぶシリーズ」の続編をお送りします。

本特集は、名言の中に秘められた先人の知恵を借りつつも、彼らと私たちの間に横たわるギャップに目を向けることで、名言を鵜呑みにすることなく、そのエッセンスを取り入れられるようになることを目的としています。これ以前の名言につきましては、バックナンバーをご覧いただければと思います。

世の中には、「投資で大金を得たい」という人が数多くいます。「どの銘柄を買えばいいですか?」というのは、私もしばしば受ける質問です。これが、著名な投資家であるウォーレン・バフェット氏であれば、私の比ではないでしょう。

だからこそ、バフェット氏の「必要なリターンなら、専門家でなくても出せる」という言葉が、胸に響いてくるのです。

【必要なリターンを得るのは、投資の専門家でなくてもできる】

それでは、今回も引き続き、世界3大投資家の1人であるウォーレン・バフェット氏の名言を紐解いていくことにしましょう。

解説する名言はこちらです。

《名言ピックアップ その1》

満足のいく投資のリターンを得るために、あなたが専門家である必要はありません。

ただし、あなたが専門家でないのなら、自分の限界を悟り、そこそこの結果を得るためのたしかな道を進むべきです。

短期的な儲け話があったら、即座に「NO」と答えなさい

出典:『カリスマ投資家の教え』(著:川上穣/刊:日経ビジネス人文庫)

こちらの名言は、バフェット氏が毎年、株主に宛てて書いている「バフェットからの手紙」の中から抜粋したものです(『カリスマ投資家の教え』より)。手紙の内容は奥深く、また株主への愛情に満ちあふれたものになっています。

もともと、投資とは自由市場ですから、基本的に誰でも参加が可能です。「プロとアマが同じ土俵で戦っている」というのが投資の世界です。

しかし、たとえばスポーツの場合だと、こうはいかないでしょう。プロとアマの世界は明確に分かれていますし、アマチュアの人がプロに勝てることは、ほとんどありません。それは、経験と練習量の違いです。

つまり、プロとアマでは、投じられる時間が圧倒的に違うのです。

Next: プロに真っ向勝負を仕掛けてはいけない。兼業投資家ができることは?

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー