fbpx

たった36銘柄の11月権利の優待銘柄で光る、QUOカード銘柄ベスト5【優待ランキング】

朝夕の冷え込みも厳しくなり、今年も残り2か月を切りました。そんな11月は、10月に続いて優待の数が36銘柄にまで少なくなるタイミングです。このような希少な優待のなかから「ぜひ取得するべき11月権利ベスト5」のQUOカード優待銘柄ランキングをご紹介します。

プロフィール:トコタン
投資歴20年。長年の経験から、優待とキャピタルゲイン(値上がり益)を得ながら資産を形成した優待投資家。運用ブログ『とことこトコタンの株主優待ブログ

36銘柄から厳選、魅力的で個性あるQUOカード優待5銘柄とは?

1位はマンション用地を企画提案から行うファーストコーポレーション

QUOカードは使えるお店が沢山あって、コンビニやガソリンスタンド、マツモトキヨシなどは有名な話ですが…なんと、ディズニーオフィシャルホテルである「東京ベイ舞浜ホテル」でも使えるんです。

そこで今回は、たった36銘柄しかない11月優待銘柄のなかから、便利で魅力的なQUOカードがもらえる銘柄をおすすめ順に5銘柄ピックアップしました!

私が銘柄を選ぶ基準のひとつとして、純粋にいただける株主優待に「お得感があるか」「魅力的であるか」であり、必ずしも企業業績を考慮している訳ではありません。投資をされる際の判断は自己責任にてお願いいたします。

《1位》ファーストコーポレーション<1430>

ファーストコーポレーションは、他社に先駆けてマンション用地を仕入れ、企画、設計を行い事業主様に提案。特命で工事を受注して施工し、引渡す、「造注方式」という事業モデルを展開しています。

こちらの株主優待は11月末権利の年1回、QUOカードがいただけます。1株価1,000円未満の低位株で1単元(100株)の場合は500円分というケースが多いなか、1,000円分というのは魅力的ですね。

《優待銘柄情報》
ファーストコーポレーション<1430>
最低単元購入価格:7万1,500円(※11月13日終値)権利付き最終日:11月末
《優待内容》
★QUOカード
100株以上 1,000円分
10,000株以上 2,000円分

こちらの優待品は社名の入ったシンプルなデザインで、1月末頃に届きます。QUOカード1,000円分といえば、コンビニでランチを買ってもまだ余るくらいの嬉しい額面ですね。

ただ、100株の次に優待がいただける株数が10,000株に設定されており、株数の割に2,000円分と少なめなのはビックリしました。こちらは100株を持っておきたいですね。

Next: 2位は各種フィルター、コンベヤーの製造が国内首位、日本フイルコン

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい