fbpx

4代目ロスチャイルド卿に直接会って、戦争で儲ける手法を聞いた時の話=房広治

国家よりも資産を多く所有するロスチャイルド家

さて、ロスチャイルド家のお家芸といえば、ウォータールーの戦いの時に、イギリスが負けるかもしれないという市場心理と、伝書鳩という当時では画期的な情報の伝達方法によって、大儲けをしたという話である。この話は聞いたことがある読者もいるのではないかと思う。

すなわち、戦争が起きるたびに、戦争の終盤になると誰よりも早く「どちらが勝ったか」の情報を知ることで、富を何倍にも増やしていったのだ。

あまりにも大儲けをしたため、戦っているフランスとイギリスの戦費の両方の調達をロスチャイルドがやったという話まである。

要は、国家元首はもちろんのこと、国家よりも資産があるファミリーなのである。

戦場の土地も、頭を使えば買い漁れる

10年ほど時を戻して、2006年頃、アリスターの紹介で何度かジェイコブ・ロスチャイルド氏と会った。その後も、オックスフォードの私の先輩にあたるため、オックスフォードでも何度か会った。

最初に会った時は、4人の子どものうち1番下で唯一の息子であるナット氏が、麻薬中毒のため病院の入退院を繰り返しているという、かなりの個人情報まで話してくれたのが印象的だった。結果として、父親であるジェイコブ氏が周囲に話をしているせいか、インターネット上で記事になっていた。

また、アフガニスタンが戦争に巻き込まれている時に、アフガニスタンの土地をほとんどタダ同然でたくさん買っているとも話してくれた。

戦地になっているアフガニスタンなどどのように買うのだろうと思ったのだが、森ビルの創業者の森氏と同じなのである。すなわち、火事場なので、誰も土地の所有権を主張しようとしない。また、制度もいいかげんである。

だから、売りたい人というのを見つけて証書を作り、それを持ってアフガニスタン政府に所有権を認めろと交渉に行く。相手が「ロスチャイルドだからいいや」と思えば、買えるという仕組みである。

もちろん、政府が変わってしまえば、「所有権を放棄せよ」という話になるのかもしれない。

いずれにしても、リスクの取り方については、今でも頭のしっかりしているロスチャイルド卿には驚くばかりだ。

有料メルマガ配信中!続きはご購読ください

【関連】なぜ富裕層は貯金が少ないのか? 凡人こそ「成金」から稼ぎ方を盗め=午堂登紀雄

【関連】「一流企業の男と結婚しろ」毒親の言葉が子どもを生き地獄に落とすワケ=鈴木傾城

<有料メルマガ購読ですぐ読める! 8月配信済みバックナンバー>

※2020年8月中に定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2020年8月配信分
  • アメリカに女性大統領の可能性(8/15)
  • 子会社の方が時価総額が大きくなる話(8/8)
  • 移民としての日本人(8/1)

いますぐ購読!


※本記事は有料メルマガ『房広治の「Nothing to lose! 失う物は何も無い。」』2018年5月14日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にご購読ください。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込880円)。

2020年7月配信分
  • ポピュリズム台頭(7/25)
  • 東証の地盤沈下と香港取引所の上昇(7/18)
  • 明日(日曜日)のZoomは20:00から(7/11)
  • Zoom会議・日曜日17:30から(7/4)

2020年7月のバックナンバーを購入する

2020年6月配信分
  • コロンビア大学伊藤隆敏教授(6/27)
  • バンクオブイングランドのCBDC(6/20)
  • まぐまぐ!Live(6/13)

2020年6月のバックナンバーを購入する

2020年5月配信分
  • メルマガ300号(5/31)
  • 経営者の即決力の差・UAとデルタ(5/23)
  • ハラリ教授のB*C*D=AHH(5/16)
  • オックスフォード大学のワクチン(5/9)
  • ヤンゴン(5/2)

2020年5月のバックナンバーを購入する

【関連】コロナは毎年流行か。日本の死者「年末までに倍増」米疾病対策センターAIが予測=高島康司

【関連】米国は衰退しました。TikTokから始める米中戦争がアメリカ敗北に終わるワケ=江守哲

【関連】平均年収1800万円!キーエンスの営業力はコロナ後も通用するのか?=栫井駿介

image by:Natata / Shutterstock.com
1 2

房広治の「Nothing to lose! 失う物は何も無い。」』(2018年5月14日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

房広治の「Nothing to lose! 失う物は何も無い。」

[月額880円(税込)/月 不定期]
世界の金融市場・投資業界で活躍する日本人投資家、房広治による、ブログには書けないお金儲けの話や資本市場に通用するビジネスマン・社長のあるべき姿などを、余すことなく書きます。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー