fbpx

コロナは毎年流行か。日本の死者「年末までに倍増」米疾病対策センターAIが予測=高島康司

世界的な科学雑誌『Nature(ネイチャー)』掲載の論文によると、2021年6月時点でもコロナは蔓延しており、世界2億5,000万人が感染、175万人が死亡するとしている。インフルエンザのように毎年流行するという予測も出ており、日本の死亡者数は現時点から11月末には倍増するとのAI予測まで出ている。まったく油断できない状況だ。(『未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ』高島康司)

※本記事は新型コロナウイルスに関する内容が含まれます。新型コロナウイルス感染症については、厚生労働省などの公的機関が発表する情報をご確認ください。

【関連】最悪の2020年、次に起きる大事件とは?米抗議デモを的中させた専門家の警告=高島康司

※本記事は有料メルマガ『未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ』2020年8月14日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

「緊急事態宣言」発令後から感染者数は10倍に

新型コロナウイルスのパンデミックが止まらない。

世界では2,020万人が感染し、74万人が死亡している。また日本でも、1日の感染者数が1,000名を越える日が多く、累積の感染者数は4万9,000人近くに上り、死亡者数も1,052人になっている。

緊急事態宣言が発令された4月7日の感染者数は3,906人だったので、いまはこの10倍になっている。

【関連】日本のコロナ感染者数、年内に53万人超えの衝撃予測。全米疾病対策センター採用AIの警告=高島康司

一方、日本では致死率やと重症化率は確実に低くなっている。

緊急事態宣言が出された4月初旬にはゆうに5%を越えていた致死率だが、8月12日現在では2.15%となっている。

この低下の原因はまだはっきりとは分からないが、日本では新型コロナウイルスに対する集団免疫が獲得された可能性も指摘されている。

このような状況なので、新型コロナウイルスに感染しても、たいしたことにはならないのではないかとの漠然とした雰囲気が蔓延し、新型コロナウイルスに対する警戒感が薄らぎつつある。

これが原因で人々の行動が活発になり、感染をさらに拡大させているというのが現状だ。

想像以上に危険?コロナウイルスに関する新発見

しかし、そのような漠然とした安心感が拡大しつつあるなか、新型コロナウイルスの研究によって、新たな発見が相次いで発表されている。

新型コロナウイルスの「SARS-CoV-2」は新種のウイルスで、まだ正体はよく分かっていない。いま中国や韓国、そしてアメリカをはじめ世界各国で急ピッチで研究が進み、日々新しい発見が発表されている。こうした発見の内容を見ると、実は新型コロナウイルスは思った以上に危険であることを示すものが多い。

たしかに新型コロナウイルスは弱毒性で、致死率がとても高いというわけではない。

だが、新型コロナウイルスの感染がもたらす長期的な影響が少しずつ分かってきた。これは予想以上に危険なウィルスだ。

Next: 「脳」に長期的なダメージ?無症状・軽症の若者も油断はできない

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー