fbpx

ボトムは2016年10月前後か?米ドル/円の5年周期サイクル

再び107円台をつけた米ドル/円相場、世間では「リスクオフの円高」と言われていますが、サイクル論から見たボトムの時期は?メルマガ『投資日報デイリーリポート』に興味深い記事がありました。

今回もパターンは健在? 5年周期で安値をつけてきた米ドル/円

米ドル/円~神の見えざる手

ドル/円相場は5日一時110円台を割り込み、日銀黒田総裁が第二次バズーカを放った14年10月31日以来の水準まで下落。約1年半かけて元の水準に戻った。世間ではリスクオフの円高と言われているが、本当のところは人為的に持ち上げた相場、その反動が来ただけと思う。

もう一つはサイクル的なもので、ドル/円の5年周期で安値を付けるパターンが機能している。これこそ神の見えざる手であろう。

政策で円安に持ち上げたかのように見えて、実は神の手がそのように差し向けたのかもしれない。神の手とは自然のリズムである。その証拠に意表を突いた第3次緩和は前の2回と全く異なり、日銀の思惑通りには行かなかった。

相場が下がる時期に来ているときには何をやってもダメ。ただ、この円高は5年周期の安値が到来する2016年10月前後2カ月にはボトムを付けるはずだ。そこまで一本調子に下がることはないが、戻しては売られる下降ウエッジ気味に推移するだろう。

米ドル/円  月足(SBI証券提供)

米ドル/円 月足(SBI証券提供)

今回、一つの大台割れで達成感が出ていれば、目先戻りが入る。しかし110円を割って引ければ、この下げはまだ終わっていない。その前の7連騰で高値を付けた反動が来ている。それはまさに倍返しの107円台

米ドル/円  日足(SBI証券提供)

米ドル/円 日足(SBI証券提供)

NY白金~週足サイクル解析

サイクル面からNY白金を読む。この相場には平均27週のサイクルが、さらにこのサイクル3つで16カ月サイクル(70±12週)が構成されている。相場サイクルの確認には22週、および65週移動平均を用いる。

相場は22週平均を上回っているので、1月安値を起点に27週サイクルが進行中。今週は11週目。現行相場は3月11日の高値から下降中。これは22週平均と昨年の年間高値に起因するトレンドラインに向け、現行相場がプルバック中である、と見ることができる。

過去の相場を見ると、起点から12〜16週間後に節目が来ている。恐らく、来週から5月第2週までに900ドル付近にあるこのプルバックラインを引け値ベース維持できるか否かが、今後の鍵となる。維持できれば再度3月高値を試しにかかる。逆に維持できなければ戻しても3月高値を超えず、秋口までに年初来安値を試しにかかるだろう。ただそこは十数年来の大底となる公算が。故に短期派以外は買い賛成。

【初出:商品版投資日報 4月7日号】

【関連】今週末にも1ドル104円? 日経平均に2,000~3,000円の下落余地=長谷川雅一

【関連】「日経1万円割れ&1ドル最低でも87円」が十分あり得るこれだけの根拠=江守哲

【関連】市場の「二極化」と明るい兆し マザーズ指数はなぜ強いのか?=炎

投資日報デイリーリポート』(2016年4月11日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

投資日報デイリーリポート

[無料 不定期]
商品先物・株式・為替等、金融市場の専門出版社である弊社発行の日刊紙『投資日報』掲載記事を日々選りすぐってお届けします。投資初心者の方から経験者の方まで、投資必勝のバイブル!!

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい