fbpx

なぜ北朝鮮には甘い?金正恩謝罪にみる韓国「反日洗脳教育」の危うさ

なぜ北朝鮮の謝罪をすんなり受け入れた?

このことから、前述の北朝鮮側の言い分を信じるほうがおかしいだろう。そう、おかしいのだ。

おかしいはずなのに、韓国政府はこの謝罪文をどう捉えたか。信じられないかもしれないが、文在寅政権は「北側の対応を肯定的に評価する」と述べたのだ。

しかも、韓国政府は職員が殺された次の日に、北朝鮮に医療支援することを決定した。

これが韓国政府である。韓国の国民、しかも公務員が殺されて、とってつけた内容の謝罪文をもらっても、肯定的に評価する。あり得ないと思うだろう。でも、これが現実だ。

そして案の定、この記事を読んだ韓国国民の反応は「支持しない」が99.5%以上にのぼるという新記録を樹立させた。

だが、ここからさらに私の予想とは異なることが起きた。それは、文在寅大統領の最新の「支持率」だ。

文在寅大統領の支持率は44.7%、非支持は51.5%に

韓国政府職員が殺された後、最初の韓国政権の支持率が9月28日に発表されたわけだが、なんと、支持率は44.7%と前回より1.7%の下落で、非支持が51.5%という結果になった。

この支持率には正直、驚かされた。私は-10%ぐらいになると思っていたのに、結果はわずか−1.7%である。

韓国人は、自国民が殺されても北朝鮮を批判も報復もしないどころか医療物資を支援して、国民にも遅れて知らせる文在寅政権を、44.7%も支持しているのだ。

これが何を意味するのか? これも韓国の洗脳教育の成果だろう。

反日教育ばかりが注目されるが、実際、韓国の歴史教育では、南北分裂や朝鮮戦争の原因を「米国や日本のせい」にして教えているとしか思えない。

つまり、北朝鮮は自分たちの同胞だとすり込まれていて、このように北朝鮮に自国民が殺戮されても、謝罪文1つで許すのだ。この状況で文政権を支持するということは、そういうことだろう。

Next: すでに北朝鮮シンパに乗っ取られている?またもコロナに救われた文政権

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー