fbpx

なぜ北朝鮮には甘い?金正恩謝罪にみる韓国「反日洗脳教育」の危うさ

コロナ禍では反政府デモも起こらない

つまり、この程度ではロウソクデモは起きないということだ。

どう考えても、朴槿恵前大統領の知り合いの占い師が政治に関わっていたよりも酷いと思うが…。

もしかしたら韓国は、北朝鮮にソウルが火の海にされたり、占領されたりしても喜んで北を出迎えるんじゃないだろうか。そう思えてさえくる。

もっといえば、もう4割ほどは北朝鮮シンパに韓国は乗っ取られているのかもしれない。

しかし、この程度の支持率低下では、ロウソクデモは起きる心配はない。しかも、コロナ禍にあるため、政府は感染拡大防止を理由にデモや集団で集まることを禁止できる。

つまり、文在寅大統領はまたまたコロナで助けられたことになる。

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】韓国ホワイト国除外から1年、「日本を負かした」と喧伝する文政権を襲う経済崩壊=勝又壽良

<初月無料購読ですぐ読める! 10月配信済みバックナンバー>

※2020年10月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2020年10月配信分
  • 434回「金正恩から謝罪文が届いて肯定的に評価する韓国政府に国民は冷ややか」(10/4)

いますぐ初月無料購読!


※本記事は、『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』2020年10月4日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】レジ袋有料化、経済危機に追い打ち。客にコストを押し付け、店の効率を阻害=斎藤満

【関連】「韓国滅亡説」に現実味。出生率激減で世界の研究機関が「最初に消える国」と警鐘=勝又壽良

1 2 3

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』(2020年10月4日号)より一部抜粋・再構成
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)

[月額319円(税込) 毎月第1~4日曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
数年ごとに起きるデフォルト危機。世界経済が後退すれば、投資家が真っ先に資金を引き揚げていく新興国市場。輸出依存が96%という恐ろしい経済構造。ヘッジファンドに玩具にされる韓国市場。中国の属国化へと突き進む2014年。並行してスタグフに悩まされる現実。そして、1100兆ウォンを超え、雪だるま式に膨らむ家計債務の恐るべき実態。経済の問題点とは何なのか?なぜ、また、第四次経済危機が迫っているといえるのか。それは読めばわかる!投資、ビジネス、教養、雑談ネタにも最適な、最も韓国経済の実情を知ることが出来るメルマガ。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー