fbpx

BTS所属事務所、時価総額1兆円からの大暴落。ファン買い支えは悪夢の始まり

韓国の人気アイドルグループ「BTS」の所属事務所が韓国市場に上場し、時価総額は一時1兆円を超えた。悪夢はここからだ。ストップ高に飛びついたファンたちの資産がものすごい勢いで溶けている。(『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』)

【関連】安倍辞任にぬか喜びの韓国が「日本への非礼」と反日を反省しだしたワケ=勝又壽良

※本記事は、『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』2020年10月19日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

BTS所属事務所が上場、一時は「時価総額1兆円」へ

今回はいま話題沸騰中の韓国のアイドルグループ「BTS」を特集する。

とはいっても、当メルマガは韓国経済を扱っているので、BTS自身を取り上げることはあまりない。実績としては、アメリカのビルボードで1位になった、韓国で最も売れているアイドルグループといったところだ。

それでは何を特集するのか。先日、このBTSが所属する事務所「BigHitエンターテインメント」が新規上場した。公募価格は13万5,000ウォン。あのカカオゲームズよりも公募価格は高かった。

そして、上場開始後15分でストップ高となり、なんと35万ウォンまで上昇。時価総額は1兆1,167億円となった。

BTSファンは公募価格で買えるほど株に精通してるわけではないので、当然、ストップ高になった株に飛びついた。開始15分ということは最初から板は張り付いていたと思われる。

その快挙に日本のテレビ局はまるで自国のアイドルグループのように扱いで特集する。

確かに時価総額1兆円はすごいのだ。何しろ日本企業の「TBS」ですら時価総額3,000億円ほどだ。BTSしか目玉がいない「Bighitエンターテインメント」が、日本のテレビ局の株価の時価総額を遙かに上回ったのだ。

だから、18日放送のTBS「サンデージャポン」でも取り上げられた。まずはそれを引用しよう。

18日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜午前9時54分)で、韓国の男性7人組ヒップホップグループ、BTS(防弾少年団)の所属事務所「ビッグヒットエンターテインメント」が、韓国取引所に株式を上場した話題について扱った。05年設立の同社は、15日に、日本では東証1部に該当する同取引所に上場。現地メディアでは、時価総額が一時、11兆8800億ウォン(約1兆1167億円)に達したとも伝えられた。

出典:杉村太蔵、BTS所属会社の時価1兆超えにビックリ – 芸能 : 日刊スポーツ(2020年10月19日配信)

確かに時価総額は1兆円1,167億円となり、ものすごい評価となったわけだが、ここからが悪夢の始まりである。

Next: 飛びついたファンたちが大損? 悪夢の暴落チャート

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー