fbpx

電鉄・空運・百貨店に急落シグナル。年初来安値を下回る可能性=洞口勝人

電鉄・空運・百貨店などは、今年付けた安値を下回る可能性が大きい。公募増資による希薄化懸念もある。(『【動画で解説】洞口勝人の「ザッ 資産運用!」』洞口勝人)

※有料メルマガ『【動画で解説】洞口勝人の「ザッ 資産運用!」』好評配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読ください

プロフィール:洞口勝人(ほらぐち かつひと)
ファイナンシャルプランナー。1963年生まれ、岐阜県出身。資産運用に強いFPとして、年間約370回のセミナー・講演会(受講者数約3万人)を行っている。早稲田大学エクステンションセンター講師。日本銀行の依頼を受け、全国にて金融広報活動も展開中。NHK『人材育成セミナー』講師、テレビ東京『ワールドビジネスサテライト』等に出演。

JR東日本・JR東海・ANA・三越伊勢丹

電鉄・空運・百貨店などは、今年付けた安値を下回る可能性が大きい(原稿執筆時点10月21日8:00。以下は10月20日終値)。

・JR東日本<9020> 5,887円 ▲282円(▲4.57%) 今年の安値を更新
・JR東海<9022> 13,900円 ▲495円(▲3.44%) 
・ANAホールディングス<9202> 2,373円 ▲51円(▲2.1%)
・三越伊勢丹ホールディングス<3099> 534円 ▲25円(▲4.47%)

旅客・百貨店関連銘柄が軒並み大幅下落。16~17日に名古屋・大阪方面に仕事でお伺いしましたが、確かに新幹線は空いていました。公募増資による希薄化懸念あり。

JR東日本:3年

JR東日本:3年

JR東海:3年

JR東海:3年

ANA:3年

ANA:3年

三越伊勢丹:3年

三越伊勢丹:3年

Next: 高配当のJTは買いか?世界の投資家は「タバコ」を認めていない

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー