fbpx

なぜ日経平均・ビットコイン高騰も投資家は冷静?年初来高値銘柄にヒント=高梨彰

株価指数の伸びと世間の盛り上がりに乖離

このデータが正しいとして、非常事態宣言が発せられるかといえば、可能性は低いかなと。

でも、北海道と同じ予測が日本中に拡がればメディアやネット等からの煽りも一気に高まります。勢い内閣も乗せられるかもしれません。

とにもかくにも、株価指数の伸びと市場の盛り上がり、ひいては世の中の盛り上がりとの乖離がこれ程までに拡大して良いんだっけ、と。原因をチマチマ申し上げることはしませんが、東証の新高値数が現状を的確に示していることだけは間違いなさそうです。困ったものです。

今回のまとめ

・バブル崩壊後高値の日経平均株価、その割に年初来高値数は少なく
・ついでに、ビットコインも再び高騰だけど、その存在すら忘れている人も
・Googleのcovid-19予測、ちょっとした驚きや恐れを与えます

続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 11月配信済みバックナンバー>

※2020年11月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2020年11月配信分
  • 年初来高値の数が示す、盛り上がりに欠けた相場(11/18)
  • GDP統計、麻生さん発言を後押ししちゃう(11/17)
  • せめて、コロナを飲んで悶々とした世に克つ(11/16)
  • ジェイソンに襲われる前に(11/13)
  • 安倍前首相の発言にみる、過保護なだけの日銀(11/12)
  • 気長にもやしに「11月11日」(11/11)
  • 相場って几帳面です(11/10)
  • 真空状態での株高(11/9)
  • 日経平均24,000円、PBR1倍は21,500円です(11/6)
  • 米債買い、株も買い、そしてVIX下がります(11/5)
  • 米大統領選、理想的な姿を念頭に置きつつ(11/4)
  • 米大統領選後の出発点はNASDAQ、でしょうか(11/2)

いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『高梨彰『しん・古今東西』』2020年11月18日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】ダボス会議「グレートリセット」で仕組まれる金融崩壊とコロナ後の資本主義=高島康司

【関連】長生きが罰になる日本で「安楽死」を甘えと切り捨てる偽善者に告ぐ=鈴木傾城

【関連】若者こそ知るべき日本会議と菅内閣の関係。彼らは自分の敵か味方か?=原彰宏

image by:fizkes / Shutterstock.com
1 2

高梨彰『しん・古今東西』』(2020年11月18日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

高梨彰『しん・古今東西』

[月額880円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
チーフストラテジストとして、年200回ほど発行していたメルマガ『古今東西』が、『しん・古今東西』としてここにリニューアル。株・債券・為替などの金融市場全般から、マクロ経済、市場心理など、「これ何?」なことを徒然なるままにお伝えします。四方山話も合わせ気軽に読めて、しかも相場を「自分で判断出来る」ようになるメルマガです。是非一度お試し下さい。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー