fbpx

コロナ感染数「寒いと激増」GS調査で判明、数だけ見て再自粛なら経済崩壊

寒い地域はパンデミックに要警戒

しかしラニーニャとは関係なく、北半球では多くの国や地域で冬は気温が下がるわけで、そのような国や地域は、これから気温の低下と共に新型コロナウイルスの感染事例が飛躍的に拡大しそうです。

特に冬に非常に気温が下がる地域、日本ですと北海道などでは、今後3ヶ月くらいは指数関数的な増加の可能性さえあり得るかもしれません。

要するに、感染が拡大したり減少したりするのは、「単に気温の上下との相関」であることが、かなり明確になっているわけです。

無意味だったロックダウンをもう一度?

しかし、各国の当局者たちは、今年の春の終わりから新型コロナの感染者数が減ったのは、「規制やロックダウンを行ったため」と錯覚しているか、あるいは「今さら規制に意味がなかったと言えるわけがない」という部分もあるのでしょうけれど、いずれにしましても「またやる」という可能性を否定できません。

実際、現在ヨーロッパの多くの国や地域は2度目のロックダウンに入ったままで、年内に解除されるかどうかもわかりません。他の国でも、これと同じようなことが起きる可能性はあると思われます。

そのようなことが長く続くとすれば、「ウイルスの第2波」とか「第3波」というような話ではなく、「当局による社会破壊の第2波、第3波」と言うほかはないですが、西欧圏の多くの国がそこに向かう感じがします。

たとえば、クリスマスから新年あたりまでは、飲食などを含めたさまざの業務の営業のピークの時期のひとつだと思いますけれど、そんな時にまた「店舗の閉鎖」とかいうことが行われたとしたら、もう完全に経済はアウトではないですかね。

日本はそんなことをして欲しくないですが、欧米に追随する傾向がありますから、懸念があります。

冬に感染者数が増えるのは「当たり前」

結局、「いくら冬に感染事例が増えても、それはコロナウイルスの性質上、普通のことだから」という当たり前の科学的境地に全体が達しないと、どうにもならない。

加えて検査での「偽陽性」の問題も大きいですが、そういえば、先日、スペースXやテスラのCEOであるイーロン・マスク氏が、「1日4回検査を受けて、結果のうち2回は陰性で、残り2回は陽性だった」として、以下のようにツイッターに投稿していました。

この検査は、PCR検査ではないものです。その中で、判定率50%という丁半博打のようなことが実際に起きているようです。

どうして1日に4回も検査したのかというと、マスク氏は軽い風邪のような症状が出たので、コロナかどうかを知りたかったようです。

いずれにしましても、社会全体が今のように「常軌を逸した数だけへのこだわり」を見せている限りは、事態は収まらないのでしょうね。

この12月頃から感染事例が急速に増えていくことは避けられないと思いますので、そういう混沌とした社会の中での振る舞い方を考えておいたほうがいいかもしれません。

有料メルマガ好評配信中。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 11月配信済みバックナンバー>

※2020年11月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2020年11月配信分
  • 地球70億人すべてにコロナワクチンを接種する方法(11/13)
  • 病気が原因ではなく「医療という宗教そのものが原因」で亡くなる人が多すぎる(11/6)

いますぐ初月無料購読!

※本記事はブログ『In Deep』2020年11月15日配信記事の一部抜粋です。有料メルマガ『In Deep メルマガ』ではブログでは公開できない極秘ネタも配信中!ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込550円)。

2020年10月配信分
  • 機械が「自主的な意識」を獲得する目処が立ちそうな今、将来登場する悪魔的存在の正体は人間かAIか(10/30)
  • 次世代コロナウイルス(SARS-CoV-3)がやってくる(10/23)
  • 地球の人類を「すべて同じ思想のロボットにする」ための具体的な方法(10/16)
  • ジョン・レノンの生誕日に彼の言葉の「気の狂った者たちによる気の狂った目的」を懐かしむ(10/9)
  • 地球はあと三ヵ月ほどで「みずがめ座の時代に突入する」可能性が浮上。長く続く混乱の後にいつか出現する世界の姿は?(10/2)

2020年10月のバックナンバーを購入する

2020年9月配信分
  • このパンデミックは実は悪魔的世界に対抗する「覚醒」のためのツールとなり得ることに気づきました(9/25)
  • 「架空のパンデミック」を作り出す方法。そして、周到に作られたワクチン・デストピア(9/18)
  • PCR検査はなぜ脳の嗅覚神経や血液脳関門に近い繊細な部位を直撃する形式なのか(9/11)
  • 何かがおかしい…。常識外れに進行する「検閲と強制」の世界を乗り切るには(9/4)

2020年9月のバックナンバーを購入する

2020年8月配信分
  • 死霊とシュタイナーに三日前に教えられた「革命の方法」(8/28)
  • 悪魔的な存在が望む世界は今、実現されようとしている(8/21)
  • In Deep メルマガ お知らせ(8/20)
  • [In Deep メルマガ 号外]前回号外の補足です(8/17)
  • [In Deep メルマガ 号外] 暗黒の時代と笑いの封殺の歴史(8/16)
  • 人類を「恐怖」で破壊し「高次から遠ざける」悪魔的プロジェクトの中でも私たちは進む(8/14)
  • 「コロナ時代の適切な生き方とサバイバル法」を、ウイルスの真実と免疫のメカニズムから学ぶ(8/7)

2020年8月のバックナンバーを購入する

2020年7月配信分
  • 真実の病気との対決:私たちは《自分で自分の細胞とDNAを修復できる》。水の記憶とシューマン共鳴から見る地球のメカニズム(7/31)
  • [ In Deep メルマガ 号外]前号メルマガの「5Gとコロナウイルスの論文」は取り下げられちゃいました(7/26)
  • [驚愕]5G電磁波は私たちの体内の細胞に「コロナウイルスを作る」ことができる(7/24)
  • 消毒カタストロフが作り出す「骨粗しょう症と認知症と寝たきりだらけ」の社会はすぐそこに(7/17)
  • 金星人だったことが判明したニコラ・テスラの「世界無線システムの夢」から現在の5G携帯までの夢の推移(7/10)
  • ゲイツ財団の最終的な目的は「悪魔と人工知能軍団」に人類の支配権を渡すこと(7/3)

2020年7月のバックナンバーを購入する

2020年6月配信分
  • 人間は機械になっていく:ビル・ゲイツさん等が目指すトランスヒューマニズムの未来はすでに(6/26)
  • In Deepメルマガ号外 連絡メールアドレスについて(6/24)
  • 武漢ウイルス研究所が「エボラウイルスの機能獲得研究」と関係している事実を確認。新たなパンデミックの可能性が?(6/19)
  • 日本まるごと自死させたいのでないのなら、せめてソーシャルディスタンスだけはやめてくれないだろうか(6/12)
  • 革命前夜の(6/5)

2020年6月のバックナンバーを購入する

2020年5月配信分
  • マスクは健康に深刻なリスクをもたらす。場合によっては次々と人を殺してしまう(5/29)
  • 経済と銀行はどこまで破綻するか? そして韓国にも大地震の危機が迫っている(5/22)
  • 子どもたちをハイターによる肺疾患から守る良い方法はないものかと悩み…。それでも今は「宇宙は意識を持つ」と考えようと(5/15)
  • In Deep 号外の・ようなもの(5/11)
  • 2036年のタイムトラベラーが語る「世界線」とモンタニエ博士が突き止めた「人間の量子性」から見る今の世界(5/8)
  • 緊急事態宣言パニックから続く可能性のある「預金封鎖」対策と、社会崩壊下のサバイバルツール(5/1)

2020年5月のバックナンバーを購入する

2020年4月配信分
  • 新型コロナの致死率は0.05%。なのに私たちは国家と保健当局に殺された。しかしそれでも、なお未来を見ていかないと(4/24)
  • 新型コロナは「特定の民族グループを標的とする遺伝的攻撃用の生物兵器」が流出したものである可能性が浮上(4/17)
  • [In Deepメルマガ] 号外というよりお詫び(4/16)
  • 西洋的衛生観念が崩壊した中、「救世主」としての意味のコロナウイルスを考える(4/10)
  • [In Deepメルマガ 号外] いくつかの対応について(4/7)
  • 新型コロナウイルスがアメリカ軍から武漢にもたらされた資料がさらに次々と(4/3)

2020年4月のバックナンバーを購入する

2020年3月配信分
  • [ In Deep メルマガ 号外] 緑茶の効用(3/30)
  • ウイルスが勝利した後に出現する複合災害下の社会の姿(3/27)
  • (追記と訂正版)パンドラの箱を開けたのはウイルスではなく人間。そして今後の世界の生き方(3/21)
  • パンドラの箱を開けたのはウイルスではなく人間。そして今後の世界の生き方(3/20)
  • 新型コロナウイルスは中国が発生源ではなく「アメリカから流出」したという説がゲノム解析から説得性を増加させている(3/13)
  • 新型コロナウイルスは実は「若いほど感染しやすく、高齢者はあまり感染しない」ことが判明。そして、社会はいよいよカオスの局面に(3/6)

2020年3月のバックナンバーを購入する

2020年2月配信分
  • 世界恐慌2020(2/28)
  • 新型ウイルスのおかげで考え得る「記憶と感情と健康」の関係。そして、伝統医療の力(2/21)
  • 《バイオフィールド》 免疫も上げるかもしれない人間のエネルギー領域と、528Hzを含む音叉の科学(2/14)
  • キーワード「武漢」から知った「パンドラ計画」は今も続いているか(2/7)
  • [In Deep メルマガ 号外] 新型ウイルスは完全な機能を持つ生物兵器(2/1)

2020年2月のバックナンバーを購入する

2020年1月配信分
  • はじめてのパンデミック:感染症への免疫を獲得する方法と、そして重症化しないための方法(1/31)
  • サバイバルのための周波数。「528Hzと人体の関係」についての最新情報(1/24)
  • 腸内細菌を含む体内微生物が「人間を根本から支配している」ことを示す驚くべき様々な事例(1/17)
  • 自死とか破壊とかの渦中にいた人間たちが神性とか共生とかの世界に入ろうとしているときに(1/10)
  • 2020年から私たちが獲得するべき「理想」と「幸せ」の方向(1/3)
  • [In Deep 号外]みなさま、あけましておめでとうございます(1/1)

2020年1月のバックナンバーを購入する

【関連】日本のコロナ感染者数、年内に53万人超えの衝撃予測。全米疾病対策センター採用AIの警告=高島康司

【関連】イギリス都市封鎖で新型コロナ「以外の原因」の死者が急増?この悪夢は世界に波及する=In Deep

【関連】コロナ騒動前に米国トップ企業CEOは逃亡成功? 1月だけで219人が辞任していた=In Deep

image by:RaffMaster / Shutterstock.com
1 2 3

In Deep』(2020年11月15日配信記事)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

In Deep メルマガ

[月額550円(税込) 毎週金曜日予定]
この世界に関しての真実、そして私たちが本当に知るべきと思われる智恵や情報を発信させていただければと思っております。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー