海外FX口座のXMで「BTC/USD取引」を開始して感じたこと考えたこと=今市太郎

海外FX口座の「XM」を使ってBTC/USDの取引を始めてみました。約3倍のレバレッジをかけられるほか、証拠金以上の損害は請求されない「ゼロカット方式」が魅力です。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2017年9月22日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

実はビットコインに向いている海外FX口座「XM」を使った取引

BTC/USDの取引をスタート

今回はちょっとFXから外れたネタをお送りしたいと思います。それはXMという海外のFX口座を利用して、BTC/USDの取引を始めてみたというお話です。

BTCとはビットコインのことで、取引所に振り込みをして直接買うこともできますが、海外のFX業者はCFDと同様にレバレッジをかけて売買できるのが魅力です。

ビットコインは、平時の値動きはそれほど違和感がないものの、何かがあるととてつもなく下落を始めます。ですので、証拠金以上の損害が出てもそれ以上は請求されない海外の業者の「ゼロカット方式」は、実はビットコイン取引にはかなり向いているといえます。

レバレッジは「3倍」程度

XMが提供しているBTC/USDは、「ロット数 × コントラクトサイズ × オープン価格 × 証拠金率」です。つまり、ほぼ33%が必要証拠金となりますので、3倍のレバレッジがかかっていると考えればいい状況です。

足元では、1単位は14万3000円前後で推移しているということになります(※編注:本稿執筆2017年9月22日時点)。

もちろん、0.1という単位でも取引ができますから、10分の1のコストで売買も可能です。ただし、海外FX口座を使った取引では、USDとの対比取引になります。ですので、ドル円の動きも日本円ベースで考えるとかなりの影響を及ぼしますので、慣れるまでは注意が必要になります。

何が材料で動いているのか、さっぱりわからない

まだ始めて間もない状況なので詳細を語ることはできませんが、日常的にはかなり上下をしており、それが何に起因しているのかは正直よくわからないのが実情です。

ビットコイン相場は、先般のJPモルガン、ジェイミー・ダイモン氏の発言のように、要人発言のインパクトが異常に大きくなっています。さらに、現実的にどこまで影響があるのかよくわからない中国人民銀行のICO禁止取引所閉鎖の話などでも、これまた異常にぶれるなど、とてもやりにくい状況になっていると言えます。

中国人参加者は全体の10分の1程度というのに、ひとたび報道が出るとパニック的に売りが出るのも、この相場の特徴です。本当にクリティカルな売り状況になったとき、流動性が確保できるのかどうかは大きく注目されます。

Next: 市場参加者のほとんどが「買い」で参入?/NYダウ月足との関係性

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー