専門家の時間を売買『Timebank』を運営するメタップスの成長戦略とは?=梶原真由美

前回のコラムでは「個人の市場価値を測れる時代の到来」としてVALUTimebankについて取り上げさせていただきました。

今回はこのような新しいサービスを提供する企業で、Timebankの運営会社である株式会社メタップスに焦点をあててみようと思います。(『億の近道』梶原真由美)

プロフィール:梶原真由美(かじはら まゆみ)
ファイナンシャルプランナー。日本ではまだ珍しい顧問契約制のFP会社である株式会社マネーライフプランニング所属。1976年千葉県生まれ。40歳で出産、12歳年下の夫と長女の3人家族。

話題の新サービス『タイムバンク』運営会社3つの事業と成長戦略

株式会社メタップス<6172>の歩み

設立は2007年9月。佐藤航陽氏がSEO(検索エンジン最適化)を中心としたマーケティングコンサルティングサービスの会社として、メタップスの前身であるイーファクター株式会社を開業しました。

2011年4月、アプリ収益化プラットフォーム“metaps”のサービス提供を開始し、同年12月、社名も株式会社メタップスに変更しました。

米国、韓国、台湾、中国に支店・子会社を設立し、2015年8月にマザーズ上場となりました。

メタップス<6172> 月足(SBI証券提供)

メタップス<6172> 月足(SBI証券提供)

成長戦略「データノミクス構想」とその柱となる3つの事業

事業を通じて得られるデータを軸とした経済圏の構築を「データノミクス」と定義し、成長戦略としています。

Datanomics(データノミクス)= Data(情報)+ Economics(経済)

具体的には3つの事業を柱としているようです。

  1. マーケティング事業(分析、広告、販促等)
  2. ファイナンス事業(決済、投資、融資等)
  3. コンシューマ事業(EC、メディア、動画等)

主要サービスで社名でもある“metaps”は、アプリ開発者向けのプラットフォームです。AI(人工知能)を経由することで、スマホユーザーに対して適切な広告を配信することで、アプリの収益を最大化します。

例えば、スマホゲームの広告を打つときに、「月3,000円以上使う課金ユーザー」と同じ属性のユーザーにのみ広告を配信するといった柔軟なターゲティングが可能となります。

Next: Timebankが成長の鍵に?利益率が高まるのはこれから

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー