これから起こる悲劇すべてを「トランプのせい」にして終わる世界経済

海外メディアに興味深い意見記事が掲載されていました。歴史的規模の経済危機が目前に迫っていて、そのすべての責任がトランプ大統領に押し付けられる、という内容です。(『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』)

※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2017年2月24日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

ドナルド・トランプは「敗戦処理投手」。ヤケクソ大暴投の可能性も

迫る歴史的規模の経済危機、その責任は?

海外メディア『New American』に、歴史的規模の経済危機が目前に迫っているという趣旨の興味深い意見記事が掲載されていました。
https://www.thenewamerican.com/economy/economics/item/25385-looming-economic-crisis-to-be-blamed-on-trump-experts-warn

以降、記事の要点をご紹介します。

歴史的規模の経済危機が、もう目前に来ている。エスタブリッシュメントたちが、その責任をトランプ大統領や反グローバリズム主義者に押し付ける可能性がある。こう考えているのは元大統領候補だったロン・ポール(Ron Paul)元議員や、複数の経済専門家たちである。

来襲するだろう金融混乱の土台を実際に築いたのは「オバマ大統領」や「FRB」であるものの、おそらくトランプが責任を押し付けられるだろう。

【関連】なぜ今になって「世界最大ヘッジファンド」はトランプに怯え始めたのか?=今市太郎

ロン・ポール元議員は、「深刻な金融危機が起こるのは間違いない」「経済的理由で米国は終わる」として、次のように述べています。

FRBの金融政策、ドル垂れ流し政策の結果、近い将来に深刻な金融危機が起こるのは間違いないだろう。これを避けることはできないし、トランプでさえも止めることはできない。そして、その責任はトランプに押し付けられるだろう。

この金融危機は、来年になるとか、1年半後になるという予言があるが時期はわからない。しかし、規模としては、2008年危機よりもずっと深刻な超不況になると考えられる。

エスタブリッシュメントたちは、何もかもを「トランプのせいだ」と言うだろう。しかし、それは間違いだ。前の危機は、オバマの失政ではなく、FRBに責任がある。ケインズ経済学派の経済モデルの欠陥であり、要は過剰な支出、財政赤字が問題なのだ。

残念なことに、トランプにできることは何もなく、経済の落ち込みは避けられない。なぜならば、財政赤字、不良投資、それにあまりにも長期間の超低金利が続いているからである。

トランプに唯一できることは、超不況の時代を大統領として過ごし、債務を清算するだけだ。政治家なら誰もが好まないことだが、米国経済の終わりに皆が気が付く前に、物価の高騰が見られるだろう。帝国には終焉がつきものであり、経済的理由で米国は終わるのだ。

Next: ジム・ロジャーズ「多分これまでで最悪の状態」経済のメルトダウンを警告する専門家たち

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー