fbpx

これから起こる悲劇すべてを「トランプのせい」にして終わる世界経済

すべてに気づいているトランプは「市場クラッシュ」の引き金を引くか?

別の見方もあります。それは、「トランプはおそらく、このことに気がついている」という見方です。

もし気がついているならば、早急に引き金を引くはずです。現時点で前述の超金融危機が起きれば、誰も「トランプが悪い」とは言えないはずだからです。トランプが、前任者と同様にダマシダマシの危機の後送り政策をとって、例えば4年後の大統領再選挙の近くで超金融危機が破裂すれば、もうこれはトランプの責任になります。

2つの選択肢、つまり今すぐ引き金を引くのか?それとも我慢するのか?の功罪を考えれば、たぶん、彼は暴発させると思います。皆様はどうお考えでしょうか?
続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 2月配信済みバックナンバー>

・新産金量のピークは2019年という説/シェブロン石油の業績(2/23)
・クレディ・スイス銀行(2/22)
・米国原油産業分野での倒産(2/21)
・工業生産指数のグラフ/続出するFRBの退職者(2/20)
・英国王立造幣局関連/テキサス速度違反の取り締まり警官がミサイル捕捉(2/17)
・金貨を正貨に! ユタ州でも(2/16)
・オリンピック景気は直後に萎んだ/米国憲法10条 vs アリゾナ州法案HB2014(2/15)
・米国破産申請/連銀、一般理事会トップの一人・Scott G. Alvarezが退職(2/14)
・2017年1月の米国ガソリン需要、過去5年間で最低レベル(2/13)
・2016年12月 上海黄金交易所/中国の戦闘記録(2/10)
・実態と大きくかけ離れている、米国の雇用統計(2/9)
・2017年1月 米国新車販売(2/8)
・米国連邦準備制度の暗闇(2/7)
・米国造幣局:生産か販売か【超重要】(2/7)
・珍しいイーグル・プラチナが瞬間蒸発(2/6)
・コントラリアン的視点で見ると気になる、プラチナ生産コスト(2/3)
・売上が減っても、赤字になっても株価は高い~ダウ・ジョーンス工業株平均(2/2)
・米国の自動車販売に逆風~フォードは自動車業界のカナリア(2/1)


※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2017年2月24日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】米国で始まった「トランプ降ろし」麻生副総理はペンス副大統領に勝てるか?=斎藤満

【関連】トランプが会見で「CNNは偽ニュースだ!」と激怒した本当の理由

【関連】俳優の竹内力が広告塔「1000億円巨額詐欺」に関与した民進党元代議士とは?

1 2 3
いつも感謝している高年の独り言(有料版)』(2017年2月24日号)より一部抜粋、再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による
初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

いつも感謝している高年の独り言(有料版)

[月額660円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]新聞等に報道されない海外でのディープな情報をお届けします。出来る限り、時代を先取りした情報やデータをお届けします。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい