fbpx

ビットコインが乱高下するワケ。投機筋が大量参入、個人がカモられる危険な時間帯に=今市太郎

ビットコインの上昇と暴落の度合いが激しさを増しています。なぜここまで乱高下するのか。その理由を考えれば、個人投資家が大損失を受けかねない、かなり危険な時間帯に差し掛かっていることがわかります。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

【関連】また日本搾取か。菅総理が心酔する“知日派”アトキンソンの危険な正体=今市太郎

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2021年1月13日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

乱高下するビットコイン相場

皆さまご案内の通り、ビットコインの上昇と暴落の度合いが激しさを増しています。

先週末円ベースで430万円まで上昇したかと思った次の瞬間、50万円も下落する始末。売買に参加しないで傍から眺めている者にとってはこんなに興味深いものもないわけですが、実際にレバレッジなどをかけてトレードしている人にとっては、気が休まる時間がないほど緊張に満ちた日々を送っていらっしゃるのではないかと思います。

この手の話は、どうしてそうなったのかはかなり後にならないと判らないものですが、今集まってきている情報をもとに読み解きますと、次のような状況が展開されたものと思われます。

投機筋が大量参入、これまでとは違う動きに

今回のビットコインの上昇過程では、適切な利益を得られる投資先をすっかり失ったレガシーなファンド勢がこの市場に大量に参入したことが、円ベースで200万以上の価格へ押し上げる原動力となったことは間違いないようです。

その後、上昇に拍車をかけることになったのはロビンフッダーに代表されるような個人投資家たち。彼らは少ない資金で市場に参入するために必ず仮想通貨FXでビットコインを買い、それなりのレバレッジをかけて買い向かうのが特徴となっているようです。

2017年末のビットコインの大幅上昇は本邦の個人投資家が主体的に相場を引っ張ったと言われていますが、この時も市場に参加した個人のほぼ6割以上が仮想通貨FXでレバレッジをかけて売買していたとされていますから、予想以上に大きな取り引きをしていたであろうことが見えてきます。

こうした仮想通貨バブルブームが来ますと、ビットコインのみならず周辺のアルトコインにも資金が集まるのが常。今回も問題のリップル(XRP)を除けば市場はすべからく大きくなり、時価総額も簡単に100兆円に達する形となっています。

Next: 個人がカモになる?プロが参入する相場には必ず空売りが出る

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー