fbpx

100万円の利息では卵も買えない現実。貯金より「運用」必須の時代だ=川畑明美

年齢でポートフォリオを決めるのはナンセンス

そのポートフォリオですが、ロボットアドバイザーなどは年齢によって配分を決めてしまっています。

私は年齢でポートフォリオを決めるのはナンセンスだと思っています。なぜなら株価上昇のタイミングで65歳だから債券の配分を高くするのはおかしくないですか?

そうではなく、年金生活では全資産でリスクの配分を少なくする必要性があります。

具体的に言えば、預貯金の割合を現役世代よりも高くするのです。それにはライフプランを考えるしかありません。

将来どのくらい資金が必要なのか? 預貯金で確保しておくべき割合はどのくらいなのか? などなど、現役世代よりも真剣に考えるべきなのです。

ライフプランも考えずに、退職金を投資してはダメですよ!

【関連】「もう風俗で働くしかないのか」元AV女優の貧困シングルマザーに私が伝えたこと=午堂登紀雄

【関連】夫の収入「知らない」が37.9%。夫婦間の“所得隠し”は老後破産・熟年離婚の元凶になる=川畑明美

【関連】日本は「時代遅れ」で滅ぶ。高齢者の半数がネット使えず、少子高齢化で衰退へ=鈴木傾城

image by:Princess_Anmitsu / Shutterstock.com
1 2

教育貧困にならないために』(2021年2月1日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

教育貧困にならないために

[無料 ほぼ日刊]
人生で二番目に大きな買い物は、子どもの教育費。教育費を意識して貯蓄していますか?「実はコレだけ必要です」から、「学資保険でまかなえるのか?」「目減りしない資産管理」「我慢しない節約」「ゼロから稼ぐ方法」までを調べて実践したことを紹介しています。教育ローンに頼らず、老後資金も確保できる教育費の貯め方を伝授します。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー