fbpx

小学生から投資を学べば勝ち組に。「柿の実をどう増やす?」ですぐに理解=遠藤功二

柿の実をどう増やす?投資は「例え話」で教えると理解しやすい

小学校高学年以上の子には、お金を増やす「投資」についても教えても良いでしょう。

しかし、大人に話すように説明しても、なかなか理解するのは難しいものです。

私は投資の概念を伝える時に、「柿」の話をします。「柿の実を増やすためには、どうしたらよいでしょう」という、クイズを出すのです。

答えは、「柿の種を埋めて実らせ、収穫する」ということです。

柿の木が実を実らせるまでには8年程度がかかるそうです。投資も長期投資が原則です。

子どもに投資の話をする際には、「投資はお金を増やすことを目的とする行為だけど、すぐに儲かるものではありません。根気強く続けることが大事です」と伝えています。

ここ数年、株式投資をすれば簡単に儲かる相場になっていますが、過去を振り返ると、いつもそのような時代だったわけではありません。

痛い目と良い目を両方味わって初めてまとまった投資の利益が得られるのだと、子どもたちには理解していただきたいと思っています。

【関連】育休を取らない男は1億円の損。改正育休法で会社員に明暗、育児専念に6つの効用=午堂登紀雄

【関連】「専業主婦の妻が働かない…」夫のボヤキが完全に間違っているワケ=山本昌義

【関連】10年後の日本を襲う在宅ホームレス問題。引きこもり老人が年金を食い尽くす=鈴木傾城

image by:BongkarnGraphic / Shutterstock.com
1 2

億の近道』(2021年10月14日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

億の近道

[無料 週3~4回]
個人投資家の方にも機関投資家並み、若しくはそれ以上の情報提供をするのが目的です。株式で「億」の資産形成を目指しましょう!我々マーケットのプロが導きます。各種コラムが大好評!内容に自信アリ。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー